pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

18 May

苦行

四六時中ピアノが頭の中を流れています~♪

アラベスクだけど

どうしたらいいかな~とりあえず弾けるようにはなったここから。

今はYoutubeもあるし、すぐに色んな音源が手に入るのでとっても便利だし

それはいいんだけど

こないだ昔の先生のレッスンを受けてふと

聴きすぎかなぁ。と。

ルバートかけたりするとこを、完全にお気に入りのピアニストのマネになっていて

テンポや拍感がバラバラ。というようなことでして

あーそうだな。

ちゃんとここはそもそもこういうリズムなんだとか

わかった上でやってない。

だからただマネしてもなんにも中身がない。

のかなぁ。

趣味として聞くのはほどほどにして、あんまり憑りつかれたように聞くのは

しばらくやめとこ。

で、今日は

先日録ってみた動画がおそろしくひどかったので

あーこのクセ。どうしたらいいってんだよ~~~!!!


理想はこれ。(やっぱりYoutube(-_-;))




音も素敵だけど、今回参考にしたのは弾き方。手のフォーム。

私はグリグリのところがへこむんですねぇ。これはダメですよね。

って充分にわかってるんだけど、がっつりやっちゃってて

だけど手を大きく開いたらどうしてもへこむけど??

みんなどうやって弾いてる??

ってずーっと謎で。

↑の彼のように弾くには手が大きくないとだめなんかなぁ、とも思うけど

なんとか近づくように色々とやってみました。

私のダメポイントは

・ぐりぐりがへこむ
・指が曲がりすぎ(これは好き好きかもしれないけど)
・手首を使いすぎ(こでも良しとする奏法もあるみたいだけど)

ストレートな音が出過ぎないように、と手首のクッションを使ったりしてるみたいだけど

なんかその割に見た目しなやかでない。

音はそんなに固くないように聞こえるけど、見た目とってもカタそう。

うーん、うーん

で、↑の彼と見比べてみて


・とにかくぐりぐりを出すように意識
・手の甲がやたらと上下しないように
・鍵盤と手の位置も色々試したりして

なんか迷走してました・・・。

でもすこーし ちょっとだけ

つかみつつあるかも・・・


指が鍵盤の上を歩くように

弾いてみたいものです。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

12 May

アラベスクを見てもらう

今日は、子どもたちのレッスンついでに

私もアラベスクをみてもらいました。

いつもの先生じゃなくて、昔の先生(=子どもたちの先生)です。

うちのピアノはよく鳴るので、どうも抑え気味に弾いてしまうのですが

そのクセも直さないとなーと思いました。(指摘されたので)

もともとパキパキ弾かないとイヤなタイプの先生です。

ただし、シューマンだし、やっぱり柔らかい音は必須だと

自分としては思う。

とにかく出てない音があるととても気になる先生なので

ある程度のきちんと感は要るかも・・・

それと、やっぱり私は曲の構成とか流れとか

そういうのを把握してないなと。

基本的なフレーズの弾き方だの、音色だのには気も使ってきたし

わからん!!!ってことはないけど

唐突な展開すぎて

これどうつなげるんだろうって。

それぞれの部分はとっても素敵なんだけど

曲としてどうまとめるかってことがよくわかっていない。

そこらへんはさすがによく理解されていて、いろいろ教えてもらえました!

あと、右手のメロディだけにとらわれすぎていて

左のバスのラインにまったく無頓着だった・・・

そっかー メロディと伴奏、っていう単純な形じゃなくて

シューマンだもんね。内声とかもややこしいんだけど、それが合わさって

なんとも言えない響きになる。

すべての声部をもっと繊細に受け止めなくては!!!


基本的にどう曲としてまとめるか、ということはとても引出しの多そうな先生なので

ちょっと時々

いろんな曲を持っていこうかなー

それこそ子どもの情景、子どもの領分、あたりはいいかも。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

10 May

いちばん苦手なこと

日ごろからどうしたらピアノが上手くなるかなー

って考えてると

不思議とヒントになるようなことに出会います。

テレビだったり、本だったり、誰かの言葉だったり。

そして中でもスポーツ選手の言葉、というのはよく心に刺さります。

ちょっとスポーツと似たとこあるしね。たぶん。


昨日もテレビで体操の村上茉愛さんが出ていて

あんなトップアスリートでも挫折の経験があるようで

惨敗した時に気づいた「継続することが苦手」という言葉。

ま、レベルはまったく違うけど

私もまさにそうなんだと思いました。

ちょっとやっても「こんなもんでいいか」と手を抜くクセが染みついていて

ピアノに限らず、ほんとに色んなことが三日坊主なんですよねー(-_-;)ダイエットとか(-_-;)

だから継続できる人ってすごく尊敬するわけですが

そこらへんの根性からたたき直さないといけないんでしょうねぇ。

ハノン&ツェルニーも

なんかちょっと左手良くなったし

曲やりたいし

で、気が付くといつのまにかやらなくなってる・・・

ってことにならないよう!!!

今日はちゃんとやりました♪

ハノンも四分音符=110まで上げて頑張りました。

もっと定着するまでやらなくちゃ。

全然100点じゃないのに自分に甘い。

自己管理と強い意志。

そしてやっぱり継続。

あらためてがんばろうと思いました。

スポーツ選手って、ほんとスゴイです。若いのにねー



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 苦行
  • 楽譜の大人買い!
  • 楽譜の大人買い!
  • これだ!と思う本に出会う
  • キルシュネライト氏のプライベートレッスン
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした