pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

22 Jul

これって幸せだよね~

先生問題から、もう何か月もレッスンを受けていません。

一度落ち着いた時に「そろそろレッスンをお願いします」って内心迷いながらもお願いしてみましたが

バタバタしてるうちになんとなく時が過ぎ

そして私も迷っているもんだから何度も催促することもなく

でも誰か先生につかないといけないな、とは思っています。

ほんとは先生同士のしがらみのない先生がいいんだろうけど

そんな先生は知らんし

知らん先生に習う気はないし

結局大学関係の先生になるかなぁ

いや、そこも受けてもらえるかもわからないことで。

とりあえず大学のM先生にワンレッスンをお願いしてみました。

これは来週、行ってきます。

あー先生問題は悩ましい。


だけど、レッスンから解放されてから

好きな曲を弾けるし、なんかすごく弾いててじわっと幸せを感じるようになりました。

へたくそでも

素晴らしい作曲家たちの残した宝のごとき曲たちを

私は再現できるのだ!!!(正解かどうかはおいといて)

なんかこれってすごくないかな?

ほんと子供の頃ピアノ習わせてくれた親に感謝。


それから


これからのことも色々と考えました。

ブラームスのOp.118-2を弾く松本和将さんの姿を見てからというもの

自分より上手い人なんてほんとに五万といて

この曲なんかもうこの人の演奏が最高峰だと思っているので

それを今更私が弾く意味がわからないのだけど

ただの自己満足ならそれはそれでいいのだけど

やっぱりそれでも演奏を仕事にしたい

教えるのは向いてないし(汗

じゃ、自分が何を武器にできるかって考えた時に

ジャズも勉強してみたい。


と思いました。

ジャズに転向、とかってことではないですけど

とにかく勉強してみたい。

クラシックだけでは私は何の価値もない、少し幅広いジャンルに広げればまだチャンスが

あるかも。

って思っただけなんだけどね。

そして


幼稚園だとか老人ホームだとか

なんかの集まりだとか

そういう小さなところで全然いいので

聴く人が楽しかったと思えるような演奏をしたい、かなー。

なんとなくそういうことを考えています。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ





9 Jul

悲しい週末

今日はあまりピアノと関係ないのですが

実は、ダンナのお父さんが亡くなって、先週末あちらの実家に帰っていました。

あちらのご両親は、とてもとてもできた方々で、私は連れ子の再婚でしかも7つも年上なんですが

結婚の際には手放しで喜んでくれて、何かにつけ「あなたのおかげでうちの息子はうまくやっている」といつもいつも褒めてくれました。

私はただの嫁で、10年くらいのお付き合いで、一緒に住んでたわけでもないですけど

とても大きな人を失くしたなと、胸にドーンときます。

年を取るにつれ、こういう経験だけは増えていきますね。。


重い話でなんですけど

通夜と葬儀の間、ずっと死ぬってなんなんだろうな?

って思ってました。

ご遺体と対面してから

なんだかもうその中にお義父さんはいない、空っぽの感じがして

魂はどっかに出て行ってしまって

そういう感じで、なんだか変な割り切り感がありました。


まぁ、お義父さんは間違いなく天国へ行ける人なので

その点は安心ですが。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



2 Jul

気づいたら好きな曲に囲まれてる日々

あれこれ手を出してましたが

ここんとこメインはこの3曲。

・アラベスク op.18 シューマン
・間奏曲2番 op.118 ブラームス
・3つの前奏曲 1番 ガーシュイン

アラベスクは温めに温めていて(笑)、まだあまり仕上がってもいない時期にH先生にみていただいたきり。早く先生たちの意見を聞きたいような、まだまだ温めていたいような。

冒頭からの速い部分がいったん終わり、ガラッと変わったところがもとから大好きで

最近やっと少し納得できる音になってきた・・・かな。

色んなピアニストが色んな弾き方していて、でもこの部分は自分のがいちばん好きだったりして。

おこがましいが、でもそれが本来の姿かと。

逆に出だしの立ち上り方?がなんかしっくりこないので、ここはまだまだです。


ブラームスは頭の中でいつも鳴っていて(松本バージョンが)

てかもう他の人のは聞きたくない、と思ってしまうくらい

すべてが私にとって最高の音です。おそるべし、松本バージョン。

とても勉強にはなるのですが、決してマネしようなどとは思わないこと。

自分の音を探し中。

ちょっと弾けるようになってきた段階ですでに

ムズい・・・。これムズい・・・。


と愕然としています。

そして松本氏の演奏を聴きに走る(笑)←逃げです。


ガーシュインは、まったく違うので汗

でも本来こういうののほうが私は好きかも。

血沸き肉躍る系です。

クラシック以外も相当好きだったし、いわゆるノリのいい曲は大好きです♪

でも地味に難しい。

普段使わない和音の連続で、指が拒絶反応を・・・

しかし絶対に持っておきたい曲なので、地道に頑張ります。



弾きたい曲は尽きませんねぇ。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
記事検索
ギャラリー
  • 苦行
  • 楽譜の大人買い!
  • 楽譜の大人買い!
  • これだ!と思う本に出会う
  • キルシュネライト氏のプライベートレッスン
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした