pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

21 Sep

もしかして上手くなってるかも感

初めて

もしかしたらうまくなってるのかも!?

って思ったことがありまして♪

ここんとこ仕事が詰まっていて(会計の方)

PCを叩きながら隣のタブレットでYoutubeを聴いてるのですが

昨日

私の「高評価リスト」を順に流しておりまして

まずはプレトニョフのドゥムカ。

そして松本和将氏のブラームスのレクチャー。

するとやっぱりこの人の演奏がいいんだな。

仕事にならんのだが、とっても引き込まれてしまって

コンサート映像じゃないのでちょこっと弾いてはお話、の形なのに

そのちょこっと弾いただけで ぬおおおーーーってなりますね(笑)

やっぱいいわーこの人。

で、やっぱいいわーこの曲。

そしたら今すぐ弾きたい病が発症し

弾いてみました。でもやっぱ弾けん。。。

なんかもーどれもこれも弾けんじゃんか、と思いつつあれこれ今までの曲を弾いてると

なぜかベートーヴェン悲愴の2楽章。

あー、前に弾いた時ってこんなへたくそだったんだな、とやっと気づき

あれこれ頑張ってるうちになんとなく思うように弾けてきて

ついでの1楽章も弾いてみると

この曲、、、、思ってたよりムズくない!!!!

前は「こんなん弾けんし」って断言してた曲なのに

なんか弾けるっていう確信が生まれました。・・・はじめて。


明らかに前と違う。あんなに苦労してたのに?

そう思ったら、もしかして上手くなったんじゃねーかー!!??

って(笑)

そういえばこないだ友人と連弾した時に

彼女の親御さんも来られてたらしく

パパさんが私のことを

「あの人は何者ね!?弾き方が違う!!」って絶賛だったよー

ってあとで言われて

そんなこと言われたことないし

でも そんなこともあって、少しはレベル上がったかな?って


ほんとかよ(怒


全然うまくならない、って自分で腹が立ってしょうがなかったので

なかなか嬉しい出来事(というか思い込み)でした♪


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



14 Sep

先生問題

これが目下の悩み事。

春からこれずっと引きずってますね。

結局レッスンはまったく行っていなくて、他の先生にもついていませんが

昨日のこと。

突然「青柳晋さんのレッスン、たまごさんのも知り合いに予約してもらいましたー 前日のコンサートは行ける?」

という先生からのライン。


これが完全に寝耳に水でして。

レッスンがあることも知らず、コンサートも知らず、レッスン受けるかどうかを話したこともなく

よく「何の話???」っていう唐突な話題振られること多いんですけど

(何の話なのか理解するまで相当疲れる)

今回ばかりは

はぁー!!!!????

って思いました。。。予約済みって・・・


予約してくれた知り合いの先生とも知り合いなので、直接お話して、今回はやめておくことにしました。

当然「えっ 知らなかったの?」という反応。そらそーだわ。



なんで知らないうちにそんなことされてんのか、もう意味が分からない。

よかれと思ってのことなんだろうけど・・・

このことはかなりの衝撃でした。

ちょっともう無理。

私はもう先に進むことにします。余計なことにパワーを使いたくない。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


14 Sep

やっぱり作曲家から入る-チャイコフスキー

週末はよく図書館に行きますが(主に子どもたちの本)

先日は私も借りてきました。

チャイコフスキーの曲を弾くのは初めてだし、そういえば超有名だけどなんにも知らないなぁ

と思って。

前に読んだラフマニノフの本の中に、亡くなる直前のチャイコフスキーが登場したりして

そこらへんの関係性も興味深くて。

まずは生い立ちとか作品とか、ダーッと概要がわかるような本から。

これでひととおりの彼の人生を知ることができ

今読みかけの本はまったく違う視点から、もっと生き生きとしたチャイコフスキーに会える感覚。

とても新鮮です。

ロシアって、大国のイメージだけど

ヨーロッパが主流だった時代では、どっちかというと辺境、という感じで

ちょっとした劣等感でもあったんだろうなと

アジアなんか今でもそうですけど。

そんな時代にそれでも存命中からかなり評価された作曲家なんですね。


私は作曲できませんし、作曲家はみな純粋な思いで作ってる、というのももちろん真実だと

想像しますが

ヨーロッパで評価されたい、いわゆるウケ狙いというか

ヨーロッパで好まれそうないかにも「ロシア」ちっくな

そんな曲なのかも。ドゥムカ。

ま、作った経緯はどうであれ

すごくロシア的な旋律とリズムだったり

シンプルにすごく美しい(でもやっぱロシアの冬みたいなイメージ)和音や旋律

の一方で

ここちょっと手抜いてない?(とか言うと怒られるか)

って思うようなとこがあったったり

なんかアンバランスな感じが私はするんですよね

ダサカッコいいみたいな。

ラフマニノフはパーフェクトすぎてついていけんかったが(汗

チャイコフスキーはもっと人間くさい、かなー

とにかく好きです♪


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事検索
ギャラリー
  • レベルアップは突然に?
  • 苦行
  • 楽譜の大人買い!
  • 楽譜の大人買い!
  • これだ!と思う本に出会う
  • キルシュネライト氏のプライベートレッスン
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿