pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

21 Apr

祝!左手生まれ変わる

レッスンお休み中の毎日ですが(レッスンする側としては超多忙)

どうがんばっても3時間も4時間も時間が取れないのですが

なんとか基礎だけは

すなわちハノンとツェルニーだけは!!!

という気持ちでやっています。

そもそもの弾き方に問題があるんだろうから

いっぱい練習したからってどうなんだ、と半信半疑なとこもありましたが

でも練習しかできることはないし・・・。

そうそう、あのコンクールの日から始めたんだっけ

ちょうど4週間が経った今日

ハノンをいつものように弾き初めて「おや?」と

なんか左手が、左手が、動く~!!!

続けて弾いても腕が疲れない。

音も右のようにしっかりした音が出せている感。

「ゆっくり」をやった後しばらくこういうハイな状態(笑)が続くことはあったんですが

だんだん疲れてきて・・・の繰り返し。

でも今日は、なんか違った。

左手が生き返ったような気がした!!!「ゆっくり」で準備運動もしていない。

ただ、疲れはしなかったけど、4と5の動きがイマイチなところは残っているので

そこは引き続き課題。

でも、第1部(1-20番)の弾きにくかった24だとか、25だとか、26だとか

そこらへんはすんなりクリア。あれ?おかしいな?って、いやおかしくない(笑)

残るは第2部の一部です。

練習って裏切らないんだね・・・(今頃気づくアラフィフ)


それからツェルニーも、1番から順に増やしていって、今は10番くらいまでまとめてやってますが

となるといちばん練習量の多い1番、かなり改善されたと自分でも思う。

ツェルニーって、そういうのもわかりやすくていい。

ちまたでは不人気だけど。

2番3番の指定速度はちょっと人間離れしたレベルで、

ほんとにこんな速度で弾くの???

とYoutubeをチェックすると

その速度で弾いている音源は見当たらないような。

今の私には殺人的なテンポ。ありえね~

それでもそこを目指して頑張ってます。

ま、速く弾きゃいいってもんじゃない、って言われそうなのは重々承知で。


こんなんでなかなか曲に行けない(-_-;)

しかもほんとありがたいことに生徒さんもまた増えて

ほぼほぼ満員御礼。

そして大人生徒さんに今宿題にしているのが


・「メロディ」(ユーゲントアルバムから)/シューマン


なんだけど

ぺダルがまったくわからん、っておっしゃってて

確かに弾いてもらったらダダ踏みだったので

そこを直さんといかんのだけど

うちは1台しかピアノがなく、その場で弾いて見せられないので

どこで踏んでどこで上げる、とかってのを

じっくり予習。


いつも思うけど

教える、ってすごく勉強になる。

無意識でしてることをいちいち解説してると

「なるほど」って自分でも思ったり(笑)

20人生徒がいれば20曲弾くわけだから

教えるんだったら自分も弾いてあれこれ考えてないと。

中にはパッと初見で弾けるような曲じゃないヤツもあるので

私は自分が弾いてみないとやっぱりわからない、かなー。

こないだドイツの先生は

「僕はこの曲弾いたことないけど、生徒には何回も教えてる」って

言ってたんだよな

わたしゃムリだぁ(^_^;)



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ






14 Apr

立て直し

あれからしばらくレッスンはお休みにしていただきました。

少し落ち着いて、よくよく考えねば。

テクニックが問題。ということで、いやそりゃよくわかってますけど

もう一度じっくり考えてみた。

今は毎日ハノンをやってますが、やっぱり左が右と動きが全然違ってて

どうしたら右のように動くようになるのだろう。

これが目下の課題。

なんで動かないのか←余計なところに力が入ってる←痛くなってくる

の図だと思うのですが

最近気づいたのは左の5指が弱いということ。

弱くて支えられないので、手の甲や手首にその分負担がかかるんじゃないかな。

弾くという動作には、鍵盤の下方向へ向かう力が働きますが、5指側が弱いために

持ち上げる方向に手が頑張ってるような感じがします。

右はね、指で支えられてて、他のところにはどこにも負荷がかかってないと思うんですよね

だからどんだけ弾いても痛いとか疲れたとかになりません。

手首や腕にかかってる負担を取り除くために、ゆっくり&手首を大きく上下させながら、手首を下す時に打鍵→すぐに脱力

というのをやると、そのあとは見違えて弾きやすくなるのですが

油断するとまた戻ってる。

身につくまでやらないといけないな、というか、いっぱいやったからって身につくもんなんだろうか。

とも思うけど。


ハノンを1-20まで♪=100で通します。
そのあと21-31を同じく♪=100で。
24,25あたりの左手がヤバいです(笑)

それからツェルニー強化月間ということで

30番の1から順番にやり直しです。

ただし、指定のテンポまで上げる。

もちろんきちんと弾く。

指定のテンポ、けっこうキツイとこありますが、そこまであげられるように頑張ってます。

この際、ツェルニーの権威と言われるまで(笑)

最高峰のツェルニーを目指すかな。

それからやっと曲。

ショパン ファンタジーOp.49

長いのよね とにかく長い。こんなに長くする必要あったかね??(-_-;)

これですね、2005年頃?NHKでやってた「スーパーピアノレッスン」のテキストを持ってるんですけど

その中の「ショパン」の回(講師はジャン=マルク=ルイサダ)でやったらしいです。

今まで何回も見てるのに気付いてなかった・・・

で、そのテキストにはルイサダの指導内容がいっぱい書いてあるので、超ためになる~♪

そんなのも見ながら、いやでも誰かお気にの音源探さなきゃ♪(もはやただの趣味)

なので、色々と聞いてみたのですが

意外だったのが

ケイト・リュー。

前のショパコンで3位だったっけ?

その時ファイナルかなんかは聞いたんだけど

「あんま好かん」って思ったっきり

でもファンタジーは結構好きでした♪

確かにあんまり癖もないし、フツー。といえばフツー。かもしれないけど

逆にフツーにキレイでいいなと。素直に。

ま、目指すわけじゃないですけど

頑張ります。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
4 Apr

やっぱり変えよう

そろそろ先生を変えたい、とか言ってたんですが

先生がどうこうというより

一度リセットしてよく考えたい。

という気持ちがやっぱり強いので

先生にはしばらくお休みをお願いしようかと思っています。

このままレッスンに行っても

なんか心にわだかまりを持ったまま

教えてもらうことも頭に入りそうな気がしないっつーか。

今はとりあえずテクニックをとことんやりたいので

それだったら自分でもある程度やれるかなと思うし


先生っていうのは

やっぱり信じてついていく存在なわけで

それができるのかが

自分でも自信がない。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 苦行
  • 楽譜の大人買い!
  • 楽譜の大人買い!
  • これだ!と思う本に出会う
  • キルシュネライト氏のプライベートレッスン
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした