pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

19 May

尋常じゃなく眠い。

このところ、やたら眠くて眠くて。

何かやってるときはそうでもないんですが、たとえばでかけて帰ってくると

とっても疲れて、横になればいくらでも寝れる、みたいな。

なんか病気?とか思ったんですけど

たぶん・・・アレルギーの薬のせいかなぁ。

花粉症がすごいので、今年は耳鼻科で処方してもらった薬を飲んでるんですが

これのおかげでほぼ無症状で、快適な春を過ごしてはいるんですが

だるさが強いというか、なんだか無駄に寝てることが多くて困ります。

今日から、夜飲んで、日中はなるべく控えてみようと思います。



さて、土曜日に出張でレッスンしてる子が一人いるのですが

練習もしない(というかたぶんする暇もあまりない)上に、

先週はレッスンもほとんどレッスンにならず。

ピアノに向かわないんですよね。

練習しないので、その前の週に少ししつこくやらせたので嫌気がさしたのか

なんだかんだ言って、なかなかピアノの前に座りませんでした。

仕方がないので、音符カードで少し遊びながら、とか、そのうち少し弾きはしましたが

どうもむなしいですね。

正直、子どものご機嫌取ってまで弾いてもらわなくてもいいわ、とも思うし

保育士さんじゃないし、とか

だけどこういう子にも対応できる先生にならないといけないのかなとも思うし



この子の場合は、お母さんの昔使ってた「オルガンピアノ」を使ってたので

レベルが合ってない、というのもあると思います。

なので、ちょっと教本を変更しようと考え中

男子だし、やっぱ「棒人間」(バーナム)かなぁ(笑)


しばらくは、本人の好きな曲で遊びながらやりたいと思います。

お母さんにも了解をいただいて。


最近、教室に新しく入ってこられた生徒さんは、最初に練習してください、って話してあるので

よく練習する子が多いですが

そんな子ばかりじゃないですよね。

そういう子は先生を成長させてくれる貴重な存在、なんて


そこまで私も仏じゃないんだろうな~


難しい。。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



18 May

練習、始動

ずいぶんとサボってしまいました・・・

連休も終わり、いよいよ師匠のレッスンに通うことになりました。

先週が初レッスンで、これからどうやっていくか、何を勉強していくか、について

熱く語る?会となりました(笑)

10年スパンでの野望では

前々から言われてるんですが、県の「人づくり基金」てのがあるらしく

年齢制限ないから(ここ重要)

これをもらって短期でもいいから留学する!!

・・・という

想像できないレベルの野望です(笑)

10年後なら、それぞれの子どもたちももう高校とかそんなんなので

多少ほっといてもよかろう。

という勝手な予想に基づき

それで、この基金をもらうには(将来のないそこらへんのピアノの先生に県がお金出してくれるとは思えんが)

リサイタルをやったという実績が必要なので

リサイタルやろう♪

えええ~っ(-_-;)

先生の頭の中では、すでにリサイタルのプログラムを立てつつあるようで

ショパンのソナタとかすると、1曲だけってわけにいかないんだしさ

やっぱバラードは入れといてー

ファンタジーも合うと思うよ~

あとラフマニノフももう少しやってー

などなど。

リサイタルなんてやるとなると

痩せなんじゃん

このところ、うっかり逆に太ってしまい

人生最高体重を更新しつつあるのに



そして、当面の練習メニューは

1 やっぱスケール 170で全調だよね♪
2 ついでにアルペジオ 全調よね♪
3 ツェルニー毎日、日付と同じ番号のを弾いといて(19日だったら19番)
4 バラード3番 譜読み
5 ラフマニノフ 

今年は発表会もろもろ、ラフマニノフで行くのでこれ引き続きです。

来年のとあるコンクールで賞取り狙いだそうです。(他人事かよ~)

ラフマニノフ、長らく放置していまして

久々に弾いたら

やっぱりいいよな、これ。

すごくいい!!

難しいけど、やっぱりきれいに弾けるようになりたい。

1年がかりでやりますぞ!!!


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 
1 May

初ブライダル演奏

昨日は、いよいよブライダルの本番でした。

ピアノじゃなくてオルガンだし、牧師さんとバイオリンの方とは初めて会うし、
進行はよくわからないし、

マイナス材料しか思いつかん・・・くらいの怒涛の不安の中

なんとか他の方々に助けてもらって、

無事故で終わりました(笑)

いや、厳密には出ちゃいけないところで出てしまい

何事もなかったかのように知らんぷりしたところが1か所ありましたけど

本当に新郎新婦側から考えると

とんだ新人が来たよって

すごく気の毒です。。

でもまぁ無事終わってよかったです。

今後はまだなんにも決まってませんが、

オルガンなので、やっぱりピアノと全然違うので

勉強にならないどころか、打鍵のしかたがおかしくなりそうで

長くはできないかなぁ。と思いますが

やっぱり本番をたくさん経験するという意味では

ありがたいです。

こういっちゃなんですけど、コンクールとか試験みたいな極限の緊張感ではないし

少しずつ成功体験を積むというのにはすごくいいですよね。お金ももらえるんだし。

それに結婚式っていうのは、やっぱりみんな笑顔の場なので

すごく癒されます。

他にもオルガンの方は何名かいらっしゃるので、どれくらい私にお声がかかるかは

未知数ですが。

 
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ