pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

10 Apr

教本選び

明日から小学生は新年度が始まりますが、翌日新しい生徒さんの初めてのレッスンです。

新2年生で、1年生の時はうちの次男と同じクラスだったのですが、それをお互い知らずにうちに体験に来られた方です。

幼児期に1年ほど習ったけれど、ほとんど練習もせず(先生が練習しなくていいと言われていたそうで)上達が感じられないまま引っ越しでお辞めになったそうです。

体験で少しピアノに触ってもらいましたが、やっぱりほぼ初めての感じでした。

でも、変なクセもないってことなので、それはそれでいいと思っています!!

で、この生徒さんにどの教本を使おうかなと考えているわけです。

2年生ってことで、あまりにも幼稚な感じもうーん、、だし

でもたぶんイチから、ってことになるし


教本はこの2年間で色々と試させてもらったのですが、

私の今の結論としては、

①バイエルをもしやるなら下巻だけでいい(上から全部やってると超スローペースになりがち)

②バイエル上の代わりとしては、ピアノ・パレード(子どもも知ってる曲が多く、アレンジがステキ♪)

バイエルについては賛否両論ありますが、私はそのあとの古典ものをやることを考えると

下巻はやった方がいいかな、と思っています。

というか、思っていました。

でもなんか、ふと思うと

ピアノのレッスンって、、なんだろ?楽譜の読み方教えて、その通りに弾けると合格。

という繰り返し。

・・・で、いいんだろうか!?と。

そこでやっぱり出てくるのが「ロシアンメソッド」。
これこれ


私もきちんと勉強したわけでなく(したいんだけど)、聞きかじりですが

うちの生徒さんでこれを使ってる2人は、たまたまかもしれないけど音がよく出ていてキレイだと思うわけです。

もちろん楽譜が読めるようになることは絶対、なんだけど

音の出し方、っていうのをはじめに身に着けるって、結構重要なんじゃないか??

最初は指も弱いし、そのうちだんだん出来てくるから。みたいな意見も聞くんですけど

うちの子たちとか見てると違う気がするんですねぇ。

いつまでたっても指弱いし

手の形悪いし

年齢とピアノ歴を考えても、もう少し弾けてもいいはずと思うんだけど

たぶん教材の難易度の上がり方がゆるやかなので、


上達もゆるやかという(笑)


これじゃいかんかな、と、最近は手の形やら弾き方を徹底して直してるところです。


ゆくゆくは、いろんな打鍵ができていろんな音色が出せないといけないんだろうけど

最初はこのロシアンメソッドがいいんじゃないかな、やっぱ私はロシアを信じる!!

とか思ってて

今度の生徒さんにもこれを使ってみようと思います。

しかも、途中でバイエル入れずにブルグまでこれを引っ張ろうかと。

あーどっか近くでロシアンメソッド研究会みたいなの、やってないかなー。

 
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
9 Apr

4月ですな

新年度ですな

あー春休み、長かった(母にとっては)

さて、これからは

1 自宅レッスン
2 幼稚園でレッスン
3 時々ブライダルで演奏

この3本立てとなっております。

自宅の生徒さんは、10人になりました。(一人は出張)

出張の生徒さんは、大学で連弾を組んでいた子の元生徒さんで、彼女は学校の先生になったので私が引き継ぐことになりました。

そのほか4月からの生徒さんが2名、増えました♪

幼稚園も正式に決まり、といっても週1の4名ほどですが、新学期が始まってから開始となります。

ブライダルは初めてなんですが、前々からお話はいただいていて、担当者がなかなか楽譜を送ってくれず(笑)、たぶんこの話ナシかなぁ~と思ってたところ、トントンと話が進みまして。

結婚式での伴奏、って感じですね。

結婚式って、、、大事だよね!??

なんか責任重大なのかなぁ~(^_^;)


先生のレッスンはまだ開始してませんが、来週ちょっとお茶しに行ってきます。

そこで色々相談、となると思いますが、

なんか年末のイベントに出ろ、というお達しがあり、

先生曰く

「演奏活動の時は、○○○とか、▲▲とか、でやったらどう?」

・・・要するに芸名っぽいやつです。なんだろ、May.Jとか?YUKIとか?絢香とか?

こんなおばちゃんがそんなん恥ずかしすぎて、もうギャグとしか思えないのだが

「画数調べとって~♪」って。


ま、そんなんはおいといて(-_-;)

とりあえず「悲愴」弾いてます♪ 2楽章がたまらんね。

以前やってて途中でほったらかし~になってたのですが、

少しは弾きやすくなったかも。

てか、2楽章がたまらんのよね。

あんな野獣のような(私のイメージでは)ベートーヴェンが、

あんな神的な曲を書くってーのがまたギャップだね。

野獣の中に純粋無垢な少年が存在してたのか!!!



やっぱ人はある一面だけじゃないもんね。

ベートーヴェンも、もっと掘り下げてみたいですね♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
28 Mar

これからの旅路

今年音大を卒業しました・・・40代のおばちゃんです(笑)

ピアノ再開から思いつきで(?)音大にまで編入させてもらい

やりたい放題の2年間を経てやっと卒業。

在学中から自宅でちょこちょこと教え始め、一応ピアノ教室らしくなってきたところです。


さて、やること満載でどっからやっていいのか・・・なんですが、

とにかく自分の演奏を少しでも向上させねばなりませぬ。

で、色々考えてみた。

①やっぱり技術力がない。

これはもう前々からあがいてはいるんですが、まだダメですね~
もう少し引き上げないと・・・って思います。それにいちばん成果が見えやすいところでもあるので、真っ先に取り組もうと思います。

で、これからは教える立場になることも考えて、自分もイチからやり直すつもりで

姿勢(体の使い方)、手の形、打鍵、離鍵。フィンガートレーニング。

このあたりから攻めてみたいと思います。

②レパートリーが少ない。

で、同時に曲もどんどん弾いていきたいと思います。

大学は3年に編入したので、2年までにやる古典とかバロックとかやってないんですね~

もう一回古典もさらおうかなぁ~

で、なんとなく離れていたベートーベンが弾きたくなって、悲愴をちょろちょろと弾いたりしています。

③移調や編曲

それと、これはクラシックの演奏には直接は関係ないかもですが、

どんな曲でもパパっと移調できたり、伴奏をさらっとつけたりできるようになりたいです。

すごく簡単な曲ならなんとかなりますが、それ以上は無理。

でも、和声とか意識して弾くことにもつながると思うし、なによりこれができたら楽しいだろうなと。

うちの学長先生がそういうのをバンバン弾かれるのを見てきて、やっぱいいなぁ~っていつも思ってました。目指せ学長。

こんなところでしょうか、先生とも相談しながらやっていくことになります。

これからここでも報告していきたいと思います!
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
アーカイブ
  • ライブドアブログ