pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

10 Sep

なぜか外してしまうところ対策

前回のレッスンはもりだくさんで

ツェルニー(これは永遠にやるんだな、たぶん)
ショパンのエチュード 10-11 25-1
ショパン バラード3
ラフマニノフ

今度はさらに幼稚園でのクリスマスコンサート用として

子犬のワルツ
フォーレ ドリー組曲(連弾)
・・・も、やっといてねー♪

って先生に明るく言われました(笑)

エチュード10-11は、いつまでたっても弾けるようにならない(-_-;) 曲ですが、

25-1エオリアンハープは

なんとなく弾いてるけど、その実弾けてない。。

私はあんまり指の間が開かないのか、先生含めピアニストたちの弾いてる姿を見ると

まったく無理なく弾いてるような箇所も

けっこうムリがあったりして

なんっか外すんだよねー(怒

あと跳躍のとこ。

ここ外してたらもう曲として成立すらしない気がする(怒

何度さらっても「ちゃんと弾けるようになった」レベルにいかないわけだよ。

弾けたとしてもそれはまぐれみたいな。

なので、どうしたらできるかを今日は懸命に考えてみました。

この曲はソプラノ命なので、他の指は過剰に働くなといつも言われていて

なので

いつも働いていない他の指どもをあえてガッツリ働かせて弾いてみました。

全部の音をしっかり出すってことです。

しっかりつかむって感じかな。

それをゆっくりから始めて少しずつテンポアップ。

もちろんこれが最終形ではなくて、ほとんどが引っ込めなきゃいけない音なんだけど

全部をきちんと鳴らそうと思わなくていい、というか思っちゃダメ、とは言っても

ちがう音がなっちゃダメだし

和音の一部が欠けてもやっぱりキレイに聞こえないわけなので

そういう意味ではやっぱりきちんと鳴ってないとダメだよね?

これで少しきちんと整ってきたかと思います。もすこし続けないと。

それと、跳躍のところは

先生の弾いてるのをマネしてみて

飛んですぐに鳴らすんじゃなくて、早めに飛んでって着地して

一瞬ちゃんと鍵盤に触ってから弾く。

と、一瞬のタメもできるのでなおさらいいということで。

まだまだだけど、なんとなーく感覚的につかめてきたかもです。


やっぱ、ゆっくりの練習って考えてる以上に大事なのかなー。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


5 Sep

ポゴレリッチ

先生が大のポゴレリッチ・ファンでして、

先日DVDを貸してくれました。

あと、ユンディ・リもね(意外とメンクイかな?)

ポゴレリッチは、ショパコンでのアルゲリッチ怒って帰っちゃう事件のことで知ってはいましたが

なんかスゴイ異端児。というイメージ。

最近何かの演奏を聴いた時も、ありえない遅さで弾いてて

は?

て感じでした。ま、謎だったわけです。

でも、先生が「若いころはほんとにかっこよかったのよ~♪」って言うのよね。

それで、がっつり見たのはこのDVDが初です。


まずね、やっぱ弾き方に俄然目が行くでしょ!!

なに、そのありえない指の丸まり具合。ヴァイオリンか?ってくらい

グッと内側に曲がってる。

こんなんでよー弾けるな。って思いますが

このタッチでどうやってこんなに音色使い分けてるんだろ?って

不思議~

使ってない指は根元からピョッコリ立ち上がってて、なんか新手のハイフィンガー?

にも見えるけど

それ使ってない指なんで。使う指は、よく見ると鍵盤からほぼ離れないわけですね。

だから上から指を振り下ろしてー、のハイフィンガーではない。

でも

ほとんど手首の重さも使ってない感じだし、

それで柔らかい音も出るし

たぶん指先だけ?

指先だけでコントロールしてんのかな。って思いました。

大学の偉い先生も

タッチの違いで音色を使い分けるというより

おんなじ弾き方なのに音が違う!!!みたいな

究極はアレ。って私の先生も言ってた。


しかし私はまず無理なんで、形から入るべし。なんですな。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
5 Sep

ザ・ラフマニノフ!

今日は、ふとYoutubeで何かいい音楽ないかなー♪って探してて

ま、Youtubeが勝手に私におススメしてくるのでその中から1曲。





冒頭からなんちゅーロシアの物悲しい風景。

あらためて、ラフマニノフは映像と結びつきが強いように思います。

もう、映画音楽だもん。

和声はもちろんですが、ちょっと演歌風な?昭和な?リズムも

「あ~ らふまにのふ!!!」

って思います。

弾くにはものすごく難しいんだろうな・・・

これを弾いてるのはアシュケナージですが、

これまでは

彼の音は明るすぎてラフマニノフには合わない

と思ってたんですが

左手が哀愁てんこもりなら

右手のキラキラがより一層悲しく聞こえる・・・的な。

すごくいいと思いました!!!

こんな風に弾きたいなー

いいないいなー♪



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした
  • ペダルが命
  • 美化計画
  • 美化計画
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ