pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

24 Feb

レッスンというより合わせ

今日は、先生との連弾の合わせに行ってきました。

といっても、初合わせで合わせにならんというか

単なる練習(笑)

しかし3/13日と決まったので、ほんとに日にちがなく焦っています。

難関はやはり

Sing,Sing,Sing。

ゆっくりでもまだ全然弾けん(-_-;)

で、速く弾かないとカッコ悪いし。

やっぱサイレント欲しいなー

夜中でも弾けるんだったら、なんとかなるかも!!


ところで小学校では今日授業参観で

次男の方は「できるようになったこと発表会」みたいなのをやってて

またピアノ弾いてました。

でも最近調子に乗りすぎてて

超高速で崩壊寸前(-_-;)

母は心臓に悪いわー

雑だぞ、雑!!

でも人前によく出られるようになったもんです。

モジモジっ子だったのに・・・


さ、練習練習。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
21 Feb

ママサークル(?)でミニコンサート

私の住む地域で、小学生の子どもがいるママたちの団体があるんですが

時々アロマ講座ーとか、子育て講演ーとか そういうイベントが行われていて

その会の3月の閉級式に先生と連弾をします。

会全体ではなくて、この時はうちの小学校だけの閉級式なので小学校であります。

45分くらい?あるみたいなので、目下選曲中なのですが

奇しくも今年は小室哲也引退、という(去年ちょうどグローブやったとこだったんで)

さらにアムロちゃんも引退、なので

勝手にそのあたりもプログラムに入れて(笑)

他にはドラマ曲から「恋」「刑事ドラマメドレー」

あ、オープニングはブルゾンちえみですね。

そして「Sing,sing,sing」

それから客層を考えて(笑)

「糸」「Butterfly」「Everything」(結婚式みたい(-_-;))

こんなにやらないといけない・・・譜読み間に合うかな汗


そして「やっぱソロは要るでしょ」と先生が言うので

そして「ショパンが聴きたい」とかいう無謀なリクエストもあり


先生は

「私 子犬のワルツねー♪」

・・・。

私はもうショパンは先生におまかせします!って言ったんだけど

前にマズルカやったのを思い出し(24-1)

あれを弾きたいかなー いや間に合うかなー って感じです。

ツィメルマンのがかっこいいんだよなー♡


とにかく私は先生と違って譜読みに時間がかかるので


勝負じゃ!!!頑張ります!!!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
20 Feb

レッスンへGO

今日はレッスンに行ってきました♪

先日のプライベートレッスンのことから。

・テンポが少し速い(ダーッと行き過ぎ?)ではないか
・もう少しクリアな音

大まかにはこの2つだったかな、指摘を受けたの。

テンポについては、昨年のジュジアーノ氏にはまったく逆の「もっと速いんじゃない?」
って言われていて

その他も、なんとなく 

ジュジアーノ=ルガンスキー派
キルシュネライト=アシュケナージ派

という感じで、その時その時に私が「この人のが最高」と思っていた人の解釈と

同じような考えの先生に出会ったことになります。

もっとクリアな音、というのはきっとジュジアーノ氏が言ってた「アシュケナージはラフマニノフには音が明るすぎる」ってのと同じだと思うんですが

当時は私もあんまりキラキラ弾きたくなかったので「そうだそうだー」と思ったんですが(笑)

そのキラキラの中にはかなさがあるような

水滴みたいな?

そういう感じが好きになって

あぁ、そういう音もいいのかなって

ただし、ノーテンキに明るく弾いちゃアウトだと思うんですけど(-_-;)


他にはこの音は右手で取る、とかここは指を曲げた方が弾きやすいとか

そういう技術的な問題をクリアするための引きだしはいっぱい持ってらっしゃって

そこらへんはかなり取り入れたいところです。

いつもの先生も、

「あとは取捨選択」

って言ってました。

でも、レッスンを受けて

「音のパレットが増えた感じ!」って言ってもらえたので

それは良かった(^^)v




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 楽譜の大人買い!
  • 楽譜の大人買い!
  • これだ!と思う本に出会う
  • キルシュネライト氏のプライベートレッスン
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした
  • ペダルが命