pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

July 2017

22 Jul

高校生のピアノコンクール

今日は、師匠に連れられて、高校生のコンクール予選の一部を見に行きました。

先生の生徒さんも出られるのと、ひとりすごく上手いと評判の子もいるので

勉強がてら見に行くことになったわけです。

なぜかかなりの辺鄙な場所で、往復時間もかかるので一部しか見られませんでしたが

見た出場者は勝手に審査し、先生とのちほど答え合わせ(笑)


まず評判のお嬢さんはトップバッターでしたが

期待しすぎたのか 思ったほどではなく

でも確かにテクニックはありそう。

でも全然つまんなかった(ごめん 辛口で)

ま、3分で切られるしね

順番に勝手に点数をつけていき

最後が先生の生徒さん。

こないだの発表会でも聞いたんですが

それよりずっと良かった♪

音もよく出てたし

なんせみんな音が出なさすぎで、フラストレーションがたまってるところに

スカーッとする演奏だったし、私的にはかなり良かったと思いました。


他に文句なしの上手い子がもう一人いて、あと1年生で良かった子も

このブロックからたぶん4人くらい予選通過だとすると

まぁ入るんじゃないか?って予想してました。


結果、通ったそうです!!

良かったよかった 先生は心配してたけど

まぁ順当に通過したようです。


行ってみて思ったのは

まずは選曲。

課題曲はすべてモーツァルトかベートーベンで、その中から選ぶんですが


モーツァルト ソナタK311 を演奏した子がたまたまかもしれないけど

良かったです。

なんか落ち着いて聞けるし 高校生が弾くのにすごく合ってる、良さが伝わりやすい感じ。

ベートーベンのOp10-3 とか 悲愴の3楽章とか

ちょっと、、、ムリがある感じだったので。


それと、どんなに「おっ 今のとこいい~♪」って思うところがあったとしても

テクニック的に弱いところがあって、今日はたまたまミスりました、じゃなくって

普段からそこムリあるよね、って感じのとこがあると

やっぱ通過できないですね。

ところどころ、いいものを持ってると思った子もいたんですが

とにかく緊張もあっただろうけど ミスが多かった。。。

もすこし練習して磨けば・・・って思ったけどやっぱりそれじゃ通らんよね。


テクニック的なことは、練習でてっとり早く改善できる点でもあるので

やっぱそこは潰しとかんと。

って、自分自身を振り返って痛感しました。


人のを聴くとよくわかるんだよね~(^_^;)


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

20 Jul

これが噂の揉み返し?

昨日、念願の(?)マッサージに行ったわけですよ

久しぶりですんごい楽しみにしてました。

昔、ヨガ教室にちらっと行ったことがあって、そこにリラクサロンも併設されてるので
そこに行ってみました。

「アロマ」とか、大好きなんですよね。

受けたのはバリ式アロママッサージ。70ぷん!!!

70分も私のために誰かが何かをしてくれるなんて・・・うちではありえん。

でもねー

懲りすぎてたんかなぁ なんか合わない感じで帰ってきました。

ちょっと痛すぎたところもあって なのにあんまりツボじゃないっていうか

あー至福ー♪って思うところがほとんどなくって。



そしたら帰ってきてから、やたらとだるくなり

なんかもーすんごい疲れる(-_-;)ってなって、子どもを習い事に連れて行くのもなんかきつくて

いつもは1時くらいまで起きてるけど、12時が限界で



で、色々調べたところ

これが「揉み返し」ってやつなんでしょうか!??

痛みはないんだけど、とにかくだるかった・・・。


で、今朝起きたらケロッと治ってました。

大量の老廃物が溶けだしたんかねぇ どんだけ溜まってたんだろうねぇ(-_-;)

もう行かないと思ってたけど、ひょっとしてこれっていいこと?

老廃物、出し切ったかな(~_~;)



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
19 Jul

何かを得るには何かを捨てる

大学に入る前は、とにかく入って専門的に勉強したいということしかなくて

卒業後どうするとか、何もありませんでした。

まぁそもそも主婦なので、就職しなくちゃ生きていけないとか

そういうことがない、恵まれた環境からスタートしてるのでね。

でも、大学でお世話になった先生は、結構生徒の進路を考えてくれる先生で

私も幼稚園でのお仕事とか、いろいろ紹介してもらってます。

そして今後どうしたいのか、ということも

私以上に考えてくれています。


さて、私自身はどうしたいのかな。

そこらへんはなんかまだふわふわしてます。

ピアノの先生が最終的にしたいこと、というわけでもないし。。


でも何か手に入れたいなら、何かをあきらめないと、かなーと

最近思っています。

あれもこれも、、って頑張ってもダメなんじゃないかな。って。

といってもそんな大したことじゃないですよ(汗

家の中片付かない、とか料理ももう少しきちんとできるように、とか

そういうもしかして普通のこと(?)ができてないので

できるように頑張らないと、とかって思うけど

あれもこれも できんな。。

料理は手抜きで済ませる間にスケールするとかさ。

家は荒れてるけど、片づける暇があったら練習練習とかさ。

どうなんだろうねぇぇ~(^_^;)

まず、家が荒れてても心は荒れない、そういうメンタルの強さから必要だったりして。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


18 Jul

朝昼晩のスケール

スケール、Ges Durが苦手です(~_~;)

これ集中してやるように言われています。

岩崎淑さんの練習方法でもスケールはもちろん外せませんが

彼女ほどの方でも毎日スケール。と言われているのだから

私なんぞは

朝昼晩の3回やんなはれ。

・・・と。

まぁそりゃそうですね。ほんとに人の何倍もやらないと。


さて、今日は例の生徒さんにお手製紙鍵盤もお渡ししました(笑)

今日が最後かと思ったら来週まで来られそうとのことでした。

連弾も、練習ができないから今年はパス、とのことでしたが

ソロ1曲だけになるのもさみしいので

とりあえずやってみて、間に合わなかったら私と連弾するということになりそうです。

でも生徒さんはお母さんとやりたいみたいなので、あとはお母さん次第かな(笑)


ひとつ心配の種は、4人で(でも片手奏なので4手)弾く「ラデツキー行進曲」。

まず間に合うかが心配。

途中までなんだけど、それでも長いし、付点のリズムなんかが難しそう。

曲を覚えてもらうしかないな。




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
18 Jul

紙鍵盤

夏休みまでいよいよカウントダウンとなりました。

子どもたちは、夏休みになったら練習する時間ができて、練習するかな~?

それともイベントに忙しくなって逆にしないのかな~?(汗

長期帰省されるおうちもあるようで、その間ご実家にはピアノがない・・・ということで

当然練習できない事態に(-_-;)

普段毎日きっちり練習してくる子なので、心配はないけど残念。

さすがに3週間まったく弾けない、ってのもコワイよな~って思ってて

そこで私が用意したのが紙鍵盤!!

ダン・タイソンもやってたんじゃなかったっけ?

タッチの練習には当然なりませんが、とりあえずせっかく覚えた指の動きだけでも

忘れてほしくないので

これで練習してもらいましょう♪


紙鍵盤印刷はコチラ!!


ほぼ実物大、のようなので助かる♪

今日、休み前最後のレッスンに来るので、お渡ししようと思います。

ものすごくペラッペラの雑な作りですけどね(~_~;)



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした
  • ペダルが命
  • 美化計画
  • 美化計画
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ