pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

August 2017

18 Aug

実は明日コンクールだったりする

実はね

明日とあるコンクールの予選なんですね

今日、子どもたちのレッスンの時に

先生に弾いてみーと言われてたので弾いてみたんですけど

やっぱ緊張するわー

で、この先生んちのピアノ、たぶん私が子供の時から変わってないと思うんだが

鳴らないのよもー

年々ならないエリアが拡大してる気がする

うちの子たち、これ弾いててよー鳴るねあんたら。って思う

でも

先生にはめずらしく

「これいいじゃない?」って

来週の発表会でも弾け弾けってなって

結局ソロも弾くことになっちゃって

いやその前に明日のコンクールだよ(-_-;)

暗譜けっこう入ったけど、やっぱり緊張からくる不測の事態、ってのがこわい。

なんかね

人生すべてが
「考え方次第」

なんじゃ

ってすごく思った。

ピアノ以外にもいろいろと悩みがつきないんだけど

あれもこれも

もう「考え方」次第。気持ちひとつ。

ピアノも

うまくいったと思っても失敗こいたと思っても

たぶん点数変わらんし(-_-;)

思い切っていった方がいい。


止まったり、弾きなおしたり、過去に色々やらかし済なんで

もういいじゃんか。と

なんと明日は、来週の発表会と同じ会場で

どうせなら順番逆が良かったけど(笑)

いつものところだからよく知ってるし

講評もらえるし

楽しんでくるぞ!!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
13 Aug

ピアノランドフェスティバル

先日、「ピアノランドフェスティバル」というのに行ってきました。

こちらの地元出身の樹原涼子先生が出しておられる教本シリーズが「ピアノランド」なのですが

それも含めていろんな曲ありの、子ども・ファミリー向けにコンサートでした。

樹原先生のことは知っていましたが、初めて動くご本人を見まして(笑)

ピアノの先生っぽい先生だなーって感じ

一緒にピアニストの小原孝さんもご出演でしたが、さすがにほんとうまいなーって思いました。

上手すぎて、子どもの指導に参考に・・・というわけにはいかなそうだけど。

ピアノランドはじめ、今は導入期の教本は色々ありすぎてよくわからん、って悩みますが

ピアノランドから演奏された曲(樹原先生作曲ですね)は、結構好きなのが多かったかも。

そのうち使うのもありかなと思いました。




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
12 Aug

暗譜の最終手段(?)

先日から暗譜に苦労しております。

分析やるといい、とかって聞きますけど、どうやってやるのかわからないので

とりあえず初歩的な本を買ってみました。まだ届いてませんけど(-_-;)

先生がやってるのを横で見てても、ついていけてないとこも多くて

まずはバイエルとかソナチネを使って解説してあるやつを

注文しています。


それとは別に

ずっと前にも同じくラフマニノフで苦労している時に、

先生に言われたのが


「こうなったらもう楽譜手書きで写してみ」


・・・。

これを思い出して

昨日からやり始めました。

効果のほどはハッキリ言ってまったくわかりませんが

ここまでやると、やらないのとでは

ちがう。。。んかなぁ~?

でも音が多すぎて、写すだけでも大変よ。

ちっちゃく書いても小節に入らん。

これを白紙から作った人って・・・もう神ですね。





にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
11 Aug

暗譜が危機

今日は朝からレッスンだったのですが

暗譜で通してみよ。とのことで弾いてみるものの

あー わかんなくなる。回復不可能。

なんででしょうね いつもは弾けててもなんで弾けなくなる(-_-;)

てことで

暗譜の仕方についてあれこれ。

私は普段はそこまで暗譜が超苦手、ってわけでもないつもりなんですが

ラフマニノフは別。

音は多いし、とんでもない音が来てるし(^_^;)

実に覚えにくい。そして暗譜もしづらい。

いちど外れるともう修正できない。

特に最初の部分の左手は、けっこう動きもあるし

行った道と違う道を帰ってきたりするので


それと、鍵盤を見ると弾けなくなる。

これもよく思う。

だから見ても弾けるように練習しとかないと

本番でふと鍵盤を見てしまってまったくわからん。ってなるかもしれないし

先生から言われたのは、

左手だけを覚えたら、もう暗譜できたも同然。

それとやっぱり分析しないと。



・・・つってもね、ラフマニノフの分析なんて(-_-;)(-_-;)(-_-;)

あーーーームリだろーーー



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


7 Aug

ペダルが命

ピアノを歌わせるペダリングの技法
「ピアノを歌わせるペダリングの技法」

っていう本を、ずいぶん前に何かのついでに買ったんですけど
(アマゾンによると今年の3月に買ってたらしい)

すっかり放置してたのを思い出し

昨日読み始めました。

台風来る~ってことで、昨日は缶詰め状態で

もうヒマでヒマで。

ピアノ弾けばいいんだけど、家族がいる時はあんまり弾けないんだな。(遊んでると思われるため)


私はペダルが苦手でね、いやペダルだけじゃないけど(-_-;)

子どものころはあんまり何も思わなかったけど

再開してからはペダルにも苦労。

大学でのマスタークラスで、フランス人の客員教授に

「ここはビブラートペダルでね」

・・・ってさらっと言われて

はぁ??できるわけないぞー って心の中で叫びましたね。


で、読んでみた結果

ペダルってさ

思ってたのと違う!!!(←完全に認識を誤っていた人)

音をつなぐため

だけのものじゃなくて、

音色を変えるとか 音量を打鍵後に変えるとか

色々と効用はあって

踏むものじゃない、コントロールするものだ!

(夢は見るものじゃない、叶えるものだ!みたいな)


あー鱗だよウロコー ぼろっぼろ落ちたよ~


「コントロール」と言われてやっと その使い方の感覚がわかった感じ。

踏んで、上げて、じゃないんだよーバカヤロー


それから、本当のレガートのペダルのコントロールとか

打楽器であるピアノで歌うにはペダルが重要で

指練習と同じくらい足練習せろーとか

確かに。

確かにそうなんだよね。そこまでペダルを詳しく習ったり、訓練したことがない。


とにかくおもしろい本です。

後半は実際の曲から取り上げて色々書いてありましたが、

私の弾ける曲がほぼなくって

これはまた、いつの日か弾く時に参考にしたいと思います。


ひとつ、うれしかったのが

現代のピアノはベートーベンやらのころとはまったく違っているものなので

その頃の作曲家が楽譜に示している意図を

今のピアノで再現することはもう不可能だったりするらしいですが


逆に今のピアノにピッタリなのは

ラフマニノフなんだってよ!!!

音が押し寄せる、ラフマニノフのような曲なら

ダントツ効果的にペダルが威力を発揮できるみたい。

これはもう

苦手とか言ってる場合じゃない~




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • ペダルが命
  • 美化計画
  • 美化計画
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ