pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

August 2017

31 Aug

発表会終わりました

発表会、終わりました。

とにかく疲れました・・・(-_-;)

夏休みがほとんどこれにかかりきり、という状態で

来年からは時期を再考せねばなるない。

さて、初めて参加の生徒さんも多かったのですが、

なんとかみんな弾き通しました。

いちばん心配だった生徒さんも、リハーサルまではやっぱり心配が解消されない(というかますます不安)状況だったので、どうしてもの場合は助け舟に行かないとかなー、と思ってました。

が、なんとか自力で最後までたどりつけました。

ブルグミュラーのバラードを弾く子は、

直前のレッスンまで冒頭のあの左手のパッセージが右と合わなくて

少しテンポを落としてなんとか。

という感じでしたが

本番ではかなりのテンポできちんと弾けてたので

なんだか謎です。。ま、弾けたんだからいいんだけど。


うちの子たちも

危ない箇所が残ってて、イチかバチかみたいなとこあったんですけど

これまでになく上出来で。

これも謎です。


でもやっぱりそれまでの練習だったのかな。

練習してないかどうかで、当たり前だけどかなりの差がつきますね。

これはもう、キツイかもしれないけど本人に実感してもらう必要があるかな。

しかしおおむねみなさん、いい出来だったですね。


ただ、電子ピアノの子が多いので、うーん、、あんまり鳴らないなって思ったりもしました。


それから私自身ですが


暗譜にするか見て弾くか迷って

結局譜面を置いて弾いたのですが


これがダメだったのよね~。


なんか前にも同じことあったなぁ(-_-;)

演奏中にも見るかどうか迷ってしまって


中間部分の難所でちょっとした迷子に(-_-;)

ま、今回は緊張うんぬんではなく

完全に練習不足ですね。

あとで動画を見たら(見たくなかったけど)

おもったほどのひどさではなかった(と思いたい?)ので

まぁしょうがない。


でも、自分の演奏姿を見てみると

あらためて「キライだな~(怒」って思ってしまい

「やり直し!!!」って感じです。


先生がいつも言うのもわかる。

わかるんだが、本人無意識と言うかクセと言うか

なので直しようがない・・・


でも直します!!!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


26 Aug

弾けないなりの弾き方

明後日が発表会で、

今日は生徒たちが次から次へとやってくるという

合間に連弾の合わせもするという

超ハードスケジュールの日でした。

生徒たちも、中には結構心配な子もいます。

始めてどれくらい、とかあんま関係ないですね

やっぱり練習するかどうかで全然違ってきてます。

4人で弾くのもあるんですけど

これもかなりの危機的状況ですけど

これは本人たちにとっては良かったと思います。

練習してなくて弾けないと、やっぱり「ヤバい」って感じるでしょうし

いちいち口応えする子も、真面目な子を見てなんとなく合わせたり

ひとり、とてもよく弾けてる子がいて、この子がいい刺激を与えたと思います。

普段はおっとりしていて、反抗もせず、やる気のない態度も見せず

真面目~に取り組む子です。



そんなこんなで

私も連弾と、ソロをすることになってしまいましたが

ソロはもちろん ラフマニノフ 楽興の時1番です。

今、これしか弾けない(-_-;)

中間部分の16分音符の連続のところは、だいぶ弾けるようになったんですが

そのあと一番盛り上がっていくところ

ここが最大の難所で

あーむずかしい。

今日は、子どもたちの先生に見せたんですけど

何か所か、強弱の面で指摘を受けました。

その中にこのムズいところもあって

でもここって、まだまだ余裕がなくて

普通に弾くだけで大変なので(-_-;)

・・・って思ってた(というか甘えてた)んですが

弾けないといっても

やっぱりそれなりに「こう弾きたい」に近づけなきゃいけないわけで

ここ弾けんからねー、しょうがないもん。

みたいな気のゆるみ?があったかな。

もっと誠実に、そして努力する。

これはどこまで求めても終わりがないくらい

と思っとかないとな。

と思いました。




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
24 Aug

弾く姿

さて、ラフマニノフ楽興の時、に手を出して、早1年近く。。

1年前とはずいぶん状況も変わったなぁ。

先日のクラコン予選にて、先生方の講評をもとに

色々と考えてみました。

今の状況では、「そこそこ」どまりで、その先へは進めないだろうと

冷静にそう思います。

よほど当日の出来が良くて、進めたとしてもギリギリでしょう。

さーて。この先へ進むにはどこをどうしたらいいのやら・・・。


そこで、もういちどいろんな人の演奏を、演奏している映像ありのものを探して見てみました。




この方は初めて見たのですが、

ちょっとノスタルジックな音色がいいなと思いました。

自分のを思い返してみると

ちょっとノーテンキなんじゃないかと。。。

すべてが好み、というわけではないんですが、参考にしたい部分はたくさんありました。

女性ということ、アジア系(日本とカナダのハーフ?らしい)ということで

大いに参考になります。


私は手首を使いすぎる(どうしてもそうなってしまう)ところもあるみたいで、

なんか楽しそうに見える、って先生にも言われるし

鏡に映して弾いてみると確かに。。。

冒頭の左手も、かなり手首が上下に動いてしまって、なんかイマイチなんだな。。



弾く姿、ってのはひとつ課題です。

でも久しぶりに見たけど、やっぱりブーニンの弾き方は好きなんだよなー。

ブーニンとか見てマネしちゃダメ!!って言われたけど(試験には支障があるので(笑))

でもショパンをあんなふうにリズム重視?に弾いたのはブーニンかなと

いいか悪いかは別として、リズムって、本能を呼び起こすものだから

自然と体が動くような。それでものすごく惹きつけられるのかなぁー。

賛否両論、ごもっともですが

やっぱあんなふうに弾きたいかなー

何か独特なものがないとねー。




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
22 Aug

発表会前のドタバタ

今度の日曜日が発表会で

今週は最後のレッスンやら、合わせの練習やらで

もー大変なことになっております。

自分のことどころじゃない(-_-;)

うちの子たちの仕上がりも心配だし、

特に、今年は長女→バイオリン(初心者)、伴奏→次男

という

かなりのチャレンジがあるもので

今朝はバイオリンのレッスンでしたが、

先生はあきれておられたことと思います。。。

ピアノもだけど、こっちも頑張らせないと。

とても人前で弾ける状況ではなくて。


生徒さん4名で弾く合わせも、かなり大変。

こんなに大変とは思わなかった・・・(遠い目)

でもそれなりに楽しんで合わせてたみたいです♪


あと数日、なんもかんも頑張らないと!!!!!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
18 Aug

クラコン予選でした

今日は、クラコン(日本クラシック音楽コンクール)の予選でした。

クラコンで検索して?来られる方が多いみたいなので、なるべく詳しく書いておこうと思います。

田舎の地区予選なので、そんなに参考にはならないと思うけど(-_-;)

私は2014年にも受けたことがあるのですが、今年は同じ会場の小さい方のホールでした。

受ける人が少なくなってきてるんでしょうね。

集合は14時。受付に行くと、簡単なプログラムをくれました。(確か前回はそれすらなくて、1枚だけ置いてあったのを撮影したっけ)


クラコン予選2017

こんな感じ。

行った時はちょうどSaxの方が演奏されていて、演奏を聴くこともできます。

私は扉の外から聞いて、その後は舞台裏に移動。

ピアノ部門が始まって、高校生からだったけど

みんな上手いなー。

待ってる間、緊張がこみあげてくるのを阻止するために

ぴょんぴょんジャンプしたりしてました(笑)

あと、息をすべて吐き切る!そして大きく吸う。

・・・ってのが結構落ち着く効果あったかも。


今日は、審査員3人で、お一人は大学でも教えておられる結構有名なN先生。

私は在学中まったく接点がなかったので、お話したこともないんですけど、大学の試験ではいつも試験官されてました。

ま、向こうは私のこと覚えてないと思いますけどね

それから大学の卒業生(だから先輩)の方K先生と、もう一人男性ピアニスト、Y先生でした。

弾く時は、小さいホールで高い舞台ではなく、目線に何も入らないし、没頭して弾ける環境ではあります。

ピアノは木目のヤマハ。これ、いつも発表会でここで弾いてるんだけど、そんなに悪くはないと思います。スタインウェイとはやっぱり違うけど。

弾き始めたところで、「今日これ結構いいんじゃ?」って思いました。

危なっかしいところもちょいちょいありましたけど、止まったりとかの大事故はなかったです。

いちばんの難関だった、中間の16分音符の速いパッセージ、ここもノーミスではなかなか行けなかったんですけど、本番では奇跡のノーミスでした。

なのに、今までしたことのない、変なとこでミスったりして。


終わったら、結果発表まで待ち時間。


私は続くバイオリンと声楽をずっと客席で聞きました。


予選は70点で合格。点数は上下カット(3人しかいないから、真ん中の点数だけが生き残る)です。

とりあえず私も通過です。

予選はほぼ全員受かります。なのに緊張した~

やっぱ止まって、復活できない悪夢のパターンが頭から離れなくてね。

それもなかったので良かったです。


ミスる、ミスらない、は、本人には一大事だけど、たぶん点数にはあんま関係ないな。と思いました。

といっても、私が審査側になれば、やはりミスが多いなとなると高得点はつけにくいです。よね。

まあ妥当な点数かな。

でも、意外にもあのN先生が一番の高得点を付けてくれていたので(ま、カットだけど(-_-;))

それは嬉しかったです。

私の先生にもラインで報告すると、

「N先生のこの点数、超嬉しい~♥」とはしゃいで

「K先生とY先生のコメントは、参考にしてやってもいいかな

・・・。

いやいや参考にさせてもらいますが、それくらいN先生の評価が重いってことみたいです。

だからあんまり点数伸びなくてちょっとブータレぎみだったけど、

「へー。じゃ、意外に悪くはなかったんかな」

ポジティブに行こう♪



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ




ギャラリー
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした
  • ペダルが命
  • 美化計画
  • 美化計画
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ