まだラフマニノフやってるんですけど

あれやってると、「さすがにグランドほっしーなぁ」って(涙

鍵盤をゆっくり押したときの「カックン」って手ごたえが

アップライトのうちのピアノは・・・ない。

もしかしてかすーーーかにあるのかな?

・・・いや、やっぱないんですかね。

そこらへんがどうのこうの、すごく繊細な話になってくると

「やっぱグランドだよねーっ」

っていつも先生に言われます。

でもねー、買えない(^_^;)

大学の学費とか全部ローンだし(笑)今返してるし

車も今年こわれたし


でも、なるべく早くグランドにしたいですね。



さて、まだ当分アップライトで頑張らないといけないんですが

ラフマニノフ 楽興の時1番

どうしても最初の部分がやっぱり難しい。

歌う、ってのはどういうことか?

という話になって、歌うにはたとえ同じ4分音符が4つとか並んでたとしても

すべてが完全に同じ間隔ではなかったりする。

そこに気持ちが入るから。

それが機械じゃないところ、ですかね。

右手が十分にのびのびと歌えるためには、

左手がしっかり支えてないといけないわけで

だけど地味ーに跳躍けっこうするし、この冒頭部分、さっさと行け!ってどの先生にも言われてたのは

たぶんこの跳躍のところなんじゃないか。

他のところも一生懸命さっさと行こうと必死だったけど

それだと焦るだけで まったく歌えてない。。。


だからここ、ほんとーに難しいです。

いつかできるようになる・・・気がしない(-_-;)


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ