今やってるエチュードは「エオリアンハープ」。

これって取り組みやすいとのことで、多くの方が弾いたことのあるエチュードだと思います。

最初は「これ苦手(^_^;)」って思ってたんですが

ナゼって、アルペジオが苦手。&手が大きいと言われる割に開かないから。

こういうの、弾きにくいんだよねーって思ってたわけですが

ほう、練習すると意外にできてくるもんですね。

なんかそれっぽくなってきたじゃん、って思いつつレッスンへ。

確かにね、手が開かないなりに、音は拾えてきました。

でもね、先生が私の手元を録画し

次に先生が弾いたのを私が録画し

続けてみてみると


「全然ちげー。(T_T)」

いちばん違うポイントは

右手の2!!!

これが働きすぎてる、と言われました。

要するに、音が立ちすぎてるんですね。

もっと引っ込め、コノヤローと

無意識に打鍵の前に若干指が上がるので

上げるな、って言われるけどそれがコントロール不能で。

なので、働かないようにかなり伸ばした状態で打鍵。することになりました。

先生が弾くとね、もうどの鍵盤押してんのかわからん感じで

ふきふき、鍵盤を撫でてるだけ、に見えます。

鍵盤から指が離れない。

これだな。

それから右の5指がメロディーを奏でていくわけですが、

5指をとにかく出せばいい。ってもんじゃない。

ここがなんか流れイマイチ、って思ってたんですが

今日、ふと弾いてた時に

ああーっっ!!!!これじゃない!??

っていう

手ごたえがありました♪

5だけでつないでいくんだけど、跳躍していてもなんだかつながって聞こえました。

あー

自己満足♪


あとは、、「洗練」かな。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ