今日は、中学時代の友人と連弾の初合わせでした。

この友達とは、同じクラスにはなったことがないけど、ブラスバンドで3年間一緒でした。

数年前の「大人のコンサート」という楽器店主催のコンサートに出たときに、偶然にも同じく出場者として来ていて、30年ぶりくらいに再開したという経緯です。


で、「サウンド24」という連弾楽譜のサイトから、この友人がどうしてもやりたいと言って決まったのが

Globeの「Departure」。

古い、よねぇ~(^_^;)

でもこのサイト、上級(プロ向け)というだけあって、

どの曲も相当の難曲のようです・・・。

弾ければ超カッコイイ。弾ければね。


私はプリモを担当することになりましたが、やっぱ難しい。特に後半。

ショパン並みの6連やら9連やらを、随所に入れ込んであって

そらーこんだけ音があれば迫力も出るし、音細かいし、聴きごたえあるだろね。

でも同時に、ちょっとくらい抜いてもまったくスルーできる、というお得な部分もありますね(笑)


あとはねー、小室哲也の曲って、おんなじフレーズをえんえんとごり押し、っての多いじゃないですか。
この曲も何回も同じフレーズがループしてくるので、だからアレンジ変えて飽きないようにしてあるんだろうけど

ちょっと飽きる(笑)


クラシックとはやっぱり違いますよね。ちょっとどう組み立てるのかよくわからん。

ですが、私は小室哲也の前期(?)はすごく世代でして、いやそれよりも前、TMネットワーク(懐かし(^_^;))が売れる直前くらいの時のがいちばん好きだったなー

もっとねー、曲が色彩豊かだったというかメロディアスだったというか

爆発的に売れてからはなんとなく、これ小室哲也だね、ってすぐにわかる(=どれも似てる)ような感じがして

いかん、批判調になっちゃってますがそもそもの彼の音楽は好きなんですよ。


とにかく

ポップスも、それはそれで難しいですね。

昨日は完全に私の方が練習不足で、最後まで合わせられませんでした。

これから週1で合わせやっていきます♪




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ