例の本にハマりまくっていますが

肝心の練習はというと、インフルエンザあたりから家庭内でも色々とゴタゴタ続きで

とてもピアノを弾いてられる雰囲気でも気分でもなく

ほんとに弾けてなくてどうしようかと。

プライベートレッスンまであと数日なんですよね汗

でもどうしてもこの本を早く読んでしまいたくて

本当はしっかり読み込んでから実践に取り組みたかったけど

時間がないので、今日は少し弾きながらやってみました。

弾きにくかったところ、自分なりにだけど「ここはこうかな?」っていう

方向が見えつつあるので、それをやってみると

確かに弾きやすくなったかも!

弾きにくい弾き方でいくら練習してもダメなんだ、って

改めて思いました。

まあ、本なのでこれが正しいのかどうかの答え合わせはできないので

「ああ、こういうことかな」みたいな推測の連続だけど

自分なりの解釈で導き出した奏法で

弾いてみるとあら~なんか全然違うんじゃ?

今までと弾き方がガラッと変わったんじゃないかと

自分的にはそう思えています。

あとは先生に見せるなりして、客観的にどうなのかを聞いてみないと。


なので、実際の練習時間としては恐ろしく少ないのですが

効果的に練習できてると言ってもいいかも。

レッスンが楽しみです!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ