pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

ピアノ教室・指導

4 Aug

教室のホームページ

旅行から帰ってきたばかりで、疲れのとれない40代でございます。

セサミンが欠かせない(-_-;)

さて、教室のホームページをずっと前に作ったのですが

最近ちょいちょいと改造しています。

以前ネットショップをやっていたことがあって、少しだけは知識があるんですが

本格的なのはまったく未知の世界で

なんだか便利そう。なワードプレスで作ってみました♪

これがほんとに便利!

割と簡単に見栄えの良さげなサイトが作れちゃうんですね~すごいわー

テンプレートから好きなのを選んで

あとは必要なところをカスタマイズするだけで基本的にOK


私はさらに、お問い合わせフォームを設置したり、カレンダーを埋め込んだり

メンバーだけが見れるページを設定したり


そういうのもプラグインを使えばなんでもできちゃうんじゃないかってくらい

ほんと便利ー


でも、Googleカレンダーの教室のスケジュールだけを埋め込んだんですが

スマホで見ると画面が切れてしまって

横にスクロールもなんもできないんだよな

ま、スマホを横向きにしてくれればかろうじて見えるけど(^_^;)


それを色々調べてやってみるものの

なかなかうまくいかなくて(-_-;)

CSSをいじったりしてもダメでした。


でも結果、簡単でした♪

カレンダーの埋め込みコードの Width= (カレンダーの幅を設定するところ)

を、数値じゃなくて

100%にするだけでとりあえず表示はうまくできました!

最初パーセントを全角にしてしまってて変になっちゃってましたが

なんだ半角じゃんかよ~ これを直したら大丈夫でした。


あーやりきった感。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


 


18 Jul

紙鍵盤

夏休みまでいよいよカウントダウンとなりました。

子どもたちは、夏休みになったら練習する時間ができて、練習するかな~?

それともイベントに忙しくなって逆にしないのかな~?(汗

長期帰省されるおうちもあるようで、その間ご実家にはピアノがない・・・ということで

当然練習できない事態に(-_-;)

普段毎日きっちり練習してくる子なので、心配はないけど残念。

さすがに3週間まったく弾けない、ってのもコワイよな~って思ってて

そこで私が用意したのが紙鍵盤!!

ダン・タイソンもやってたんじゃなかったっけ?

タッチの練習には当然なりませんが、とりあえずせっかく覚えた指の動きだけでも

忘れてほしくないので

これで練習してもらいましょう♪


紙鍵盤印刷はコチラ!!


ほぼ実物大、のようなので助かる♪

今日、休み前最後のレッスンに来るので、お渡ししようと思います。

ものすごくペラッペラの雑な作りですけどね(~_~;)



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
11 Jul

次は教室の発表会(-_-;)

教室の発表会は、8月の終わりです。

少し早めに取りかかったので、ソロは仕上がりつつある子も増えてきました。

そろそろ連弾も始めます。

しかし。

相変わらず練習してこない子がいます。

してくる子としない子の差が激しすぎ。

毎週やってきて「ぜんぜんれんしゅうしてなーい」

と、あっけらかんと言ってきます。


昨年もこんな調子で本番どうなるかな。と思ってたら

本番も緊張感なく、全然仕上がりませんでした。

難しいこと、できないことを避けよう避けようとしますね。

戦う前から放棄、という感じなので、上手な子を見て負けん気が出るとか、そういうこともないようです。


順調な子は、まだ時間もあるので、できれば2曲目に挑戦したいです。




26 Jun

教える難しさと習う難しさ

今日は4人の生徒さんが来る日です。

最初に1年生ふたり、ランラン♪と一緒にやってきます。

一人はまだおうちにピアノがない(汗  なので、当然のことながらかなり厳しい展開となっていて

嫌気が差している様子なので少し心配していました。

でも、なんとか今日は合格!

まったく練習していないことを考えるととても乱暴なやり方なんでしょうが

とにかく楽器が来るまではガマンの時。

音符読みとかはとても覚えが早い子なので、そこが救いと言うか
もったいないというか。

次の1年生はまだあまり自覚がない(笑)のか、音もあまり読めない状態でしたが

なぜか今日のヘ音記号はバッチリ読めていて

「隠してるタイプか!?」とひそかに思いました。

もう少し大きくなって真剣味が出てくると、かなり変わるんじゃないかと思っています。

というのは、弾き方がとてもキレイ。打鍵がとてもいい線いってると思います。


次は4年生&5年生なんですが

友達と一緒に来る場合は、おしゃべりが始まったりしてどうもピリッとしませんね~

もちろん注意はします。

5年生はあまり指が回る方ではないので、発表会曲に苦労していますが

わかってんだかどうなんだか(-_-;)

注意に対して何か言ってくることはありませんが、「あー、うっとーしーなー」
って感じにも見えます(笑)

指導したところもあまり直らず。何週たっても変わらないんだな、演奏が。

そうなるとどうやって教えたらいいんだろう、とこっちが悩み始めることになります。

あれこれ練習方法なんかは提案しますが、本人が課題として認識していて、なおかつ克服しようとするかどうか、が問題なんでしょうね。


そういったことは、習う側である私も同じことのようです。

先生も、生徒に指導するときには、どうやったら伝わるかあれこれ考えるけど


私は、大学に入った時を1年生とすると今が3年生。

先生の言ってることがわかって、対処できてくるのがやっぱり3年生くらいからなんだよね、って。

なので、在学中は対処できてなかったもよう(笑)


それと最後の4年生は、負けず嫌いだけど練習ぎらい。できないことを頑張るのがキライ?な感じです。

今、ハノンの簡易版みたいなのをやってますが、見事に練習してきません。

レッスンにきて初めて楽譜見ます、みたいな感じで、しまいには「これはやらない」「これもやらない」「だってできないもん」

と始まります。

今日は少しびしっと言いました。

「練習してこないと教えることができないよ。それにこれはやらないあれはやらない、って言ってたら何もできるようにならない。できるようにならなくていいなら、いよいよ教えることはない」

そしたら「うん。うん。」って聞いてました。

きちんとハノンもやってくるんだよ。って言ったらこれも「うん。」って。

そのあと少し涙が出ましたが(できないところにぶち当たるとよく泣いちゃいます)
頑張って弾きました。

明るくていい子なので、怒られるとショックかも。

でもわかってくれたかな。と思います。


要所要所で締める、ってのは、やっぱり必要なんだろうと思いました。


私も先生をなるべくガッカリさせないよう、頑張って準備していかないと。って思います。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



19 Jun

プチ音楽に救われる

このところ、ある生徒さんのことでかなり悩んでいます。

大学の同級生から引き継いだこともあるので、あまり簡単にお断りするわけにもいかないと思ってるんですが

正直、お断りしたいのはやまやま。

出張レッスンなのですが、保護者さんは基本レッスンには付き添いません。

小1の男の子。ピアノ歴は、、、はっきりわかりませんが1年前後かなぁ。

とってもかわいくて頭もいい子だと思うのですが、

とにかくこちらの指示は聞きません。

ピアノの前に座るまでにレッスン時間の半分くらいを使ってしまいます。

ピアノだけでなくワークもやっているので、そちらからやろうとしても結局すべてが気分しだい。

座ることさえ一苦労なので、ほんと疲れるし、空しい。

練習はもちろんほとんどしません。それどころかレッスン時間でさえもこういう状況なので、

当然まったく上達しません。

かろうじて譜面は少し読めてきたかな、というくらい。


これが自分の子だったら、マジで張り倒すレベルです。

教本が難しいこともあったので、今は好きな曲を少しやってみようということになり、

どんぐりころころをやってみるものの(私が書いた超簡単アレンジ)

まったくどんぐりは転がらず・・・(汗

まったく弾かないのはさすがにマズイとか、そういう知恵は働くのか、少し弾いてみたりしますが

譜読みレベルのとりあえず鍵盤を押してみた(リズムなど無視)だけで、もう「終わった終わった」という感じでどこかへ行こうとします。1回しか弾かないレッスンって・・・

レッスンが終わる時間じゃなくてもお構いなし。


私はもともとそんなに子供好きでもなく

よそ様のお子さんのしつけをする気もなく

保護者からしてもはっきり言って、時間とお金の無駄だろうに。と思うし


なんで習ってるんだろうととても不思議。


次回もおそらく同じような、レッスンにならないレッスンでしょうが、

今後どうしたいのか保護者にお伺いを立てようかと思っています。


私自身も人間なので、とってもストレスで、なんだかもんもんとしていました。


他にも、ピアノを習いに来てるのに、楽器をなかなか買おうとしないおうちとか。

秋ごろ買おうかと思ってます、って(-_-;)

しかも置き場所がないからキーボードって(-_-;)(-_-;)


最近は練習できないから当然進まない&うまくできなくて泣きそうになってるお子さんを見ると

かわいそうだなーと



でもほんとピアノに限らないと思うけど、うまくいかないことにぶち当たった時に

乗り越えようと頑張る子ってあんまりいないんだな、って

「できない」「難しい」と言ってチャレンジさえしない子、多すぎ(-_-;)



決して私も子育てうまくいってるとは思いませんけどね。


とってもよく練習もしてきて、濃いレッスンができる子もいるんだけど

なんか憂鬱なことばかり考えてしまって


でも私も生徒。


こないだ先生に言われたことは、直していかなきゃいけない。

そう思って弾いてたら

なんかすっきりしました♪

小さいことだけど(笑)音楽に助けてもらってるって感じです。


やっぱ先生に向いてないよねー(-_-;)


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ









ギャラリー
  • ペダルが命
  • 美化計画
  • 美化計画
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ