pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

ピアノ教室・指導

2 Aug

先生向いてないなーって思ったこと

今日は久々の幼稚園レッスン。

最近だんだんと

「私、コワイ先生になってってないか?」って

思います。(反省

でもねー、子どもってだんだんナメてくるから

どうしても時々しめないとダメだと思うんですよね

っていうかそう思うようになった(笑)

なので何回言っても聞かない時などは

ビシッと注意しています。・・・例え園児でも!

その代り、合間には雑談もするし、こどもの「やりたい」もなるべく聞くようには

しています。

でも最終的には「わたしゃ幼稚園の先生じゃないんで(怒」


っていう開き直りかな。(反省再び


さて、ひとつちょっとイラっときたことがあったんですが

最近来られるようになった年長さんの生徒さん。

・・・のお母さん。

ピアノを購入する予定ということで、ちょうど商談されているのが

私も購入したピアノ屋さんで

調律もそこなのでおつきあいがあるのですが

新品のヤマハのインドネシア生産のものと、中古の同じくらいのお値段ので迷っておられて

ちょうどついでもあったので、私も見に行きました。

そして「少しお安くしてもらえると助かる!」と一言口利きもして帰ってきたのですが


その後、無事中古を購入してもう届いた、と聞いていました。


すると、今日ピアノ屋さんから連絡があり、その方に連絡がとれないけど

もうどこかで買われたんでしょうか?と



てっきりそこで買われたと思っていたら

どうも違うところで買ったらしい。


正直どこで買っていただいても自由なのですが

せめて一言欲しかったかな。

私もピアノ屋さんとのお付き合いもあるので。

しかも、ピアノ屋さんが何度連絡しても電話にも出てくれないらしく

はっきり違うとこで決めました、って言えばいいのに居留守かよ(怒


どうなんですかね?私としてはちょっと失礼な話だと感じてしまいましたが

そういうことまで事前に言っとかないとダメなの?

最近の若い人は・・・!!とかって言う気はないけど

やっぱ時代変わったな。って正直思う。


てか、うちの子どもたちの先生なんて昔からとっても優しいんだけど

なんかすごいなーって思う

色んな親に色んな生徒。

あたし向いてないな(汗

ちょっとグチでした


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


19 Jun

子どもたちの音楽フェスティバル

先日、青少年音楽フェスティバルなるものがあり、(これは先生から出場を依頼され)

うちの子どもたちが出場しました。

発表会の代わり、ということで最初は私も、と言われていましたが

私は今弾けるのがないし。てことで子どもたちだけ。

とりあえず「出て」って言われてエントリーしたけど

何の会なのかも知らず 何時からなのかもわからず プログラムもギリでもらい

行ってみてまた段取りがわからず

うちの先生ってこういうところがあって、

いつも何もわからない状況でまったく心の準備ができない(汗

ま、とにかくふわふわしたまま始まって

フェスだというもののなぜか審査があり

最後までよくわからない会だった・・・

うちの子たちはとてもよく頑張ってくれて

子どもって、基本本番強いよね。

直前まで「オイ!!!!」って感じで不安満載だったけど

ド緊張もしてたけど

とてもいい出来でした♪

ひとつ思ったのは

ホールだからやっぱりよく響くので

いつもの狭い部屋で弾いてるとすごく気になるところが全然気にならず(笑)

耳を遠くに置く、ってのはこういうことかなと。

ちょっとミスったりしてビビりまくる私としては

「意外に客席には聞こえんのだな」

と、ポジティブすぎるか(汗


次男はとても音がよく出てミスもなく

はつらつと流れに乗ったいい演奏でした。

娘は多少難所でミスったものの

出だしの部分などはとても情感豊かで

ひいき目もあって なんだか感動すらしました。

あー いい演奏だなーって


ま、9割親バカ入ってますかね(笑)

でもなんだかんだ、子どもたちよくやってるなと。

今回の演奏は私としてはほぼ文句なし!の出来でした。

あの本番の強さ、わけてほしいぞ・・・。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
22 Mar

幼稚園レッスン今年度終了。

今日で、幼稚園のレッスンが終わりました。

担当していた4人のうち、3人が年長さんだったので卒園です。

卒園後もレッスンには来られるのですが、1人はやめられるそうで、もう1人は時間帯が合わず

別の先生の担当になるようです。

明後日は発表会なので、それで最後になる生徒さんもいて

なんかさみし~

特にやめちゃう生徒さんは、あんまり練習熱心ではなかったけど

なんか憎めない、かわいい生徒さんでした。

音感はバツグンに良くて♪

おうちが少し離れているので、そちらでヤマハに行かれるそうです。

もう一人も校区外の生徒さんなので、時間帯が厳しいようです。

この子はとても器用で上手な子なので

もう少し先の将来を見たかったかな~。

なんだかんだ愛着もわくというもので

ホッとするのと同時にさみしさも。

あさっての発表会では、わたしたちも連弾で弾くので

楽しく終わりたいです♪



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
6 Mar

子どもたちの初プライベートレッスン

今度受けるコンクールは、大学主催のコンクールなのですが

コンクール前に教授陣からのプライベートレッスンが行われているので

子どもたち申し込んで行ってきました!

まず次男は大学の准教授。私よりお若い先生です(笑)

この先生には、在学中伴奏法でかなりお世話になりましたが、

とっても細かいです!

そしてなるほど、と思うことばかり。

次男は、「もう弾けるもん」と思って調子に乗ってたのですが

ただ弾くだけじゃだめなのか~

って、初めて気づいたと思います。

終わったら、

「今日ならったことをもう一回やる」

「あんな風に教えなんとよ、おかーさん」

・・・。チッ。

手がまだつぶれるので、そこはいつも気になっててなかなか治らないんですが

やっぱり言われてました。

指先も反対に反らないように。手の中に空間を作るように。

それから音のバランス。

ソプラノを出すところなど、結構きっちり言われてました。


次は娘っ子。

こちらは室内楽でお世話になった教授にお願いしました。

曲は「スタレガ・ラプソディ」なんですが、リズムが独特で難しいので

ちょっとリズム音痴な娘は苦労したのですが

やっぱりまだぎこちないところもあり、主にリズムのことを指摘されていました。

テヌートの音を意識するあまり、左もつられたり

次への入りが遅れたり

それから、軽やかにタラランッ♪って弾くところは

「後ろからポンって誰かに押される感じ」

とか

うちの子理解できるんだろうか・・・

というようなことも言われていました。

娘いわく

「さすが教授だねー♪」・・・。なんか上から目線!?


でも娘なりに収穫は大きかったようです。

やっぱり違う先生にみてもらうこと、しかも大学の先生方なんかだと

得るもの大きいなと思いました。

教える視点からも、どう言ったらいいか、どういう練習をさせるのか、

生徒に伝わるように、ってところがとても勉強になりました。

あー


私も受けたかったかなー。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


31 Aug

発表会終わりました

発表会、終わりました。

とにかく疲れました・・・(-_-;)

夏休みがほとんどこれにかかりきり、という状態で

来年からは時期を再考せねばなるない。

さて、初めて参加の生徒さんも多かったのですが、

なんとかみんな弾き通しました。

いちばん心配だった生徒さんも、リハーサルまではやっぱり心配が解消されない(というかますます不安)状況だったので、どうしてもの場合は助け舟に行かないとかなー、と思ってました。

が、なんとか自力で最後までたどりつけました。

ブルグミュラーのバラードを弾く子は、

直前のレッスンまで冒頭のあの左手のパッセージが右と合わなくて

少しテンポを落としてなんとか。

という感じでしたが

本番ではかなりのテンポできちんと弾けてたので

なんだか謎です。。ま、弾けたんだからいいんだけど。


うちの子たちも

危ない箇所が残ってて、イチかバチかみたいなとこあったんですけど

これまでになく上出来で。

これも謎です。


でもやっぱりそれまでの練習だったのかな。

練習してないかどうかで、当たり前だけどかなりの差がつきますね。

これはもう、キツイかもしれないけど本人に実感してもらう必要があるかな。

しかしおおむねみなさん、いい出来だったですね。


ただ、電子ピアノの子が多いので、うーん、、あんまり鳴らないなって思ったりもしました。


それから私自身ですが


暗譜にするか見て弾くか迷って

結局譜面を置いて弾いたのですが


これがダメだったのよね~。


なんか前にも同じことあったなぁ(-_-;)

演奏中にも見るかどうか迷ってしまって


中間部分の難所でちょっとした迷子に(-_-;)

ま、今回は緊張うんぬんではなく

完全に練習不足ですね。

あとで動画を見たら(見たくなかったけど)

おもったほどのひどさではなかった(と思いたい?)ので

まぁしょうがない。


でも、自分の演奏姿を見てみると

あらためて「キライだな~(怒」って思ってしまい

「やり直し!!!」って感じです。


先生がいつも言うのもわかる。

わかるんだが、本人無意識と言うかクセと言うか

なので直しようがない・・・


でも直します!!!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


記事検索
ギャラリー
  • レベルアップは突然に?
  • 苦行
  • 楽譜の大人買い!
  • 楽譜の大人買い!
  • これだ!と思う本に出会う
  • キルシュネライト氏のプライベートレッスン
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿