pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

ピアノ教室・指導

26 Jun

教える難しさと習う難しさ

今日は4人の生徒さんが来る日です。

最初に1年生ふたり、ランラン♪と一緒にやってきます。

一人はまだおうちにピアノがない(汗  なので、当然のことながらかなり厳しい展開となっていて

嫌気が差している様子なので少し心配していました。

でも、なんとか今日は合格!

まったく練習していないことを考えるととても乱暴なやり方なんでしょうが

とにかく楽器が来るまではガマンの時。

音符読みとかはとても覚えが早い子なので、そこが救いと言うか
もったいないというか。

次の1年生はまだあまり自覚がない(笑)のか、音もあまり読めない状態でしたが

なぜか今日のヘ音記号はバッチリ読めていて

「隠してるタイプか!?」とひそかに思いました。

もう少し大きくなって真剣味が出てくると、かなり変わるんじゃないかと思っています。

というのは、弾き方がとてもキレイ。打鍵がとてもいい線いってると思います。


次は4年生&5年生なんですが

友達と一緒に来る場合は、おしゃべりが始まったりしてどうもピリッとしませんね~

もちろん注意はします。

5年生はあまり指が回る方ではないので、発表会曲に苦労していますが

わかってんだかどうなんだか(-_-;)

注意に対して何か言ってくることはありませんが、「あー、うっとーしーなー」
って感じにも見えます(笑)

指導したところもあまり直らず。何週たっても変わらないんだな、演奏が。

そうなるとどうやって教えたらいいんだろう、とこっちが悩み始めることになります。

あれこれ練習方法なんかは提案しますが、本人が課題として認識していて、なおかつ克服しようとするかどうか、が問題なんでしょうね。


そういったことは、習う側である私も同じことのようです。

先生も、生徒に指導するときには、どうやったら伝わるかあれこれ考えるけど


私は、大学に入った時を1年生とすると今が3年生。

先生の言ってることがわかって、対処できてくるのがやっぱり3年生くらいからなんだよね、って。

なので、在学中は対処できてなかったもよう(笑)


それと最後の4年生は、負けず嫌いだけど練習ぎらい。できないことを頑張るのがキライ?な感じです。

今、ハノンの簡易版みたいなのをやってますが、見事に練習してきません。

レッスンにきて初めて楽譜見ます、みたいな感じで、しまいには「これはやらない」「これもやらない」「だってできないもん」

と始まります。

今日は少しびしっと言いました。

「練習してこないと教えることができないよ。それにこれはやらないあれはやらない、って言ってたら何もできるようにならない。できるようにならなくていいなら、いよいよ教えることはない」

そしたら「うん。うん。」って聞いてました。

きちんとハノンもやってくるんだよ。って言ったらこれも「うん。」って。

そのあと少し涙が出ましたが(できないところにぶち当たるとよく泣いちゃいます)
頑張って弾きました。

明るくていい子なので、怒られるとショックかも。

でもわかってくれたかな。と思います。


要所要所で締める、ってのは、やっぱり必要なんだろうと思いました。


私も先生をなるべくガッカリさせないよう、頑張って準備していかないと。って思います。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



19 Jun

プチ音楽に救われる

このところ、ある生徒さんのことでかなり悩んでいます。

大学の同級生から引き継いだこともあるので、あまり簡単にお断りするわけにもいかないと思ってるんですが

正直、お断りしたいのはやまやま。

出張レッスンなのですが、保護者さんは基本レッスンには付き添いません。

小1の男の子。ピアノ歴は、、、はっきりわかりませんが1年前後かなぁ。

とってもかわいくて頭もいい子だと思うのですが、

とにかくこちらの指示は聞きません。

ピアノの前に座るまでにレッスン時間の半分くらいを使ってしまいます。

ピアノだけでなくワークもやっているので、そちらからやろうとしても結局すべてが気分しだい。

座ることさえ一苦労なので、ほんと疲れるし、空しい。

練習はもちろんほとんどしません。それどころかレッスン時間でさえもこういう状況なので、

当然まったく上達しません。

かろうじて譜面は少し読めてきたかな、というくらい。


これが自分の子だったら、マジで張り倒すレベルです。

教本が難しいこともあったので、今は好きな曲を少しやってみようということになり、

どんぐりころころをやってみるものの(私が書いた超簡単アレンジ)

まったくどんぐりは転がらず・・・(汗

まったく弾かないのはさすがにマズイとか、そういう知恵は働くのか、少し弾いてみたりしますが

譜読みレベルのとりあえず鍵盤を押してみた(リズムなど無視)だけで、もう「終わった終わった」という感じでどこかへ行こうとします。1回しか弾かないレッスンって・・・

レッスンが終わる時間じゃなくてもお構いなし。


私はもともとそんなに子供好きでもなく

よそ様のお子さんのしつけをする気もなく

保護者からしてもはっきり言って、時間とお金の無駄だろうに。と思うし


なんで習ってるんだろうととても不思議。


次回もおそらく同じような、レッスンにならないレッスンでしょうが、

今後どうしたいのか保護者にお伺いを立てようかと思っています。


私自身も人間なので、とってもストレスで、なんだかもんもんとしていました。


他にも、ピアノを習いに来てるのに、楽器をなかなか買おうとしないおうちとか。

秋ごろ買おうかと思ってます、って(-_-;)

しかも置き場所がないからキーボードって(-_-;)(-_-;)


最近は練習できないから当然進まない&うまくできなくて泣きそうになってるお子さんを見ると

かわいそうだなーと



でもほんとピアノに限らないと思うけど、うまくいかないことにぶち当たった時に

乗り越えようと頑張る子ってあんまりいないんだな、って

「できない」「難しい」と言ってチャレンジさえしない子、多すぎ(-_-;)



決して私も子育てうまくいってるとは思いませんけどね。


とってもよく練習もしてきて、濃いレッスンができる子もいるんだけど

なんか憂鬱なことばかり考えてしまって


でも私も生徒。


こないだ先生に言われたことは、直していかなきゃいけない。

そう思って弾いてたら

なんかすっきりしました♪

小さいことだけど(笑)音楽に助けてもらってるって感じです。


やっぱ先生に向いてないよねー(-_-;)


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ









19 May

尋常じゃなく眠い。

このところ、やたら眠くて眠くて。

何かやってるときはそうでもないんですが、たとえばでかけて帰ってくると

とっても疲れて、横になればいくらでも寝れる、みたいな。

なんか病気?とか思ったんですけど

たぶん・・・アレルギーの薬のせいかなぁ。

花粉症がすごいので、今年は耳鼻科で処方してもらった薬を飲んでるんですが

これのおかげでほぼ無症状で、快適な春を過ごしてはいるんですが

だるさが強いというか、なんだか無駄に寝てることが多くて困ります。

今日から、夜飲んで、日中はなるべく控えてみようと思います。



さて、土曜日に出張でレッスンしてる子が一人いるのですが

練習もしない(というかたぶんする暇もあまりない)上に、

先週はレッスンもほとんどレッスンにならず。

ピアノに向かわないんですよね。

練習しないので、その前の週に少ししつこくやらせたので嫌気がさしたのか

なんだかんだ言って、なかなかピアノの前に座りませんでした。

仕方がないので、音符カードで少し遊びながら、とか、そのうち少し弾きはしましたが

どうもむなしいですね。

正直、子どものご機嫌取ってまで弾いてもらわなくてもいいわ、とも思うし

保育士さんじゃないし、とか

だけどこういう子にも対応できる先生にならないといけないのかなとも思うし



この子の場合は、お母さんの昔使ってた「オルガンピアノ」を使ってたので

レベルが合ってない、というのもあると思います。

なので、ちょっと教本を変更しようと考え中

男子だし、やっぱ「棒人間」(バーナム)かなぁ(笑)


しばらくは、本人の好きな曲で遊びながらやりたいと思います。

お母さんにも了解をいただいて。


最近、教室に新しく入ってこられた生徒さんは、最初に練習してください、って話してあるので

よく練習する子が多いですが

そんな子ばかりじゃないですよね。

そういう子は先生を成長させてくれる貴重な存在、なんて


そこまで私も仏じゃないんだろうな~


難しい。。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



21 Apr

幼稚園レッスン初日。

幼稚園でのレッスンが始まりました。

4人生徒さんを担当しますが、年齢もピアノ歴もそういえばなんにもわからない・・・という状況だったので、あれこれ考えて

音符カード
ホワイトボード(読譜の練習用) 
音感ソルフェージュの本
ボール(握らせる用)

など準備していきました。 

最初は年中さんで、これから始める女の子。

年中さんにしては、長くきちんと座っていられるし、まったく問題なく初レッスンが出来ました♪


あとの3名はピアノ経験者ですが、かなりばらつきがありました。

弾ける子は量的にも3曲とか練習してきてるし、譜読みもだいたい自分でやってるようだし、
いきなり弾かせてもきちんと弾けました。

一方、まったく練習してきてない、という子もいて

音もほぼまったく読めない状況で

教本はそこそこ進んでるけど、逆にここまでどうやって進んできたのか謎です。。

イチから教えようにも、教本の曲では難しすぎて・・・

なので、この子はほとんどホワイトボードでお勉強。

説明すればちゃんとわかるようなので、ちょっとホッとしました。

もう一人はそこそこ練習もされていて、とりあえず弾ける状態にはなっていました。

が、、、手の形とかはまったく意識の外らしく(^_^;)

いかにも弾きにくいだろうなぁ~って見えてしまうんですが、少し直すとできるので、こちらも続けて指導していきたいと思います。

ただ、お母様がおっしゃるには、弾けないと「イーッ」てなるので、細かいことはさておき、とにかく楽しくできればいいんで~、とのことでした。

今日のレッスンではそんなかんしゃくを起こすそぶりもなかったので、えっと驚きました。

これから慣れていくにつれて、様子をよく見てやっていかないとかな~って

思いました。


うちも、こどもたちに色々習い事させてますが、お金払って時間使ってやっている以上、

練習しない、上達もしない、では何の意味もないと思っているんですね。

テニスもやっていて、コーチが結構その時々で変わるんですが、時には

完全に教える気ないだろ、って思うコーチもいます。

ダッシュとか、ミニラリーとか、練習メニューを指示するだけで、プールの監視員かよっ!!!

って、うちの旦那はキレまくっていました。。

なので、タラタラした練習だと、親二人がイライラを抑えきれない形相で見学してるってわけです(笑)モンスターかなぁ(-_-;)

楽しければいいなんて


うちではありえない。金返せ、です。 

もちろんテニスの選手にしようとかじゃないし、音大行かせようとかでもないし、他の習い事もそこまで目の色変えてさせてるわけでもないんですが 

上手くならないと、ちっともおもしろくないんじゃないのかなぁ~どうなんでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
10 Apr

教本選び

明日から小学生は新年度が始まりますが、翌日新しい生徒さんの初めてのレッスンです。

新2年生で、1年生の時はうちの次男と同じクラスだったのですが、それをお互い知らずにうちに体験に来られた方です。

幼児期に1年ほど習ったけれど、ほとんど練習もせず(先生が練習しなくていいと言われていたそうで)上達が感じられないまま引っ越しでお辞めになったそうです。

体験で少しピアノに触ってもらいましたが、やっぱりほぼ初めての感じでした。

でも、変なクセもないってことなので、それはそれでいいと思っています!!

で、この生徒さんにどの教本を使おうかなと考えているわけです。

2年生ってことで、あまりにも幼稚な感じもうーん、、だし

でもたぶんイチから、ってことになるし


教本はこの2年間で色々と試させてもらったのですが、

私の今の結論としては、

①バイエルをもしやるなら下巻だけでいい(上から全部やってると超スローペースになりがち)

②バイエル上の代わりとしては、ピアノ・パレード(子どもも知ってる曲が多く、アレンジがステキ♪)

バイエルについては賛否両論ありますが、私はそのあとの古典ものをやることを考えると

下巻はやった方がいいかな、と思っています。

というか、思っていました。

でもなんか、ふと思うと

ピアノのレッスンって、、なんだろ?楽譜の読み方教えて、その通りに弾けると合格。

という繰り返し。

・・・で、いいんだろうか!?と。

そこでやっぱり出てくるのが「ロシアンメソッド」。
これこれ


私もきちんと勉強したわけでなく(したいんだけど)、聞きかじりですが

うちの生徒さんでこれを使ってる2人は、たまたまかもしれないけど音がよく出ていてキレイだと思うわけです。

もちろん楽譜が読めるようになることは絶対、なんだけど

音の出し方、っていうのをはじめに身に着けるって、結構重要なんじゃないか??

最初は指も弱いし、そのうちだんだん出来てくるから。みたいな意見も聞くんですけど

うちの子たちとか見てると違う気がするんですねぇ。

いつまでたっても指弱いし

手の形悪いし

年齢とピアノ歴を考えても、もう少し弾けてもいいはずと思うんだけど

たぶん教材の難易度の上がり方がゆるやかなので、


上達もゆるやかという(笑)


これじゃいかんかな、と、最近は手の形やら弾き方を徹底して直してるところです。


ゆくゆくは、いろんな打鍵ができていろんな音色が出せないといけないんだろうけど

最初はこのロシアンメソッドがいいんじゃないかな、やっぱ私はロシアを信じる!!

とか思ってて

今度の生徒さんにもこれを使ってみようと思います。

しかも、途中でバイエル入れずにブルグまでこれを引っ張ろうかと。

あーどっか近くでロシアンメソッド研究会みたいなの、やってないかなー。

 
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ