pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

ピアノ教室・指導

21 Apr

幼稚園レッスン初日。

幼稚園でのレッスンが始まりました。

4人生徒さんを担当しますが、年齢もピアノ歴もそういえばなんにもわからない・・・という状況だったので、あれこれ考えて

音符カード
ホワイトボード(読譜の練習用) 
音感ソルフェージュの本
ボール(握らせる用)

など準備していきました。 

最初は年中さんで、これから始める女の子。

年中さんにしては、長くきちんと座っていられるし、まったく問題なく初レッスンが出来ました♪


あとの3名はピアノ経験者ですが、かなりばらつきがありました。

弾ける子は量的にも3曲とか練習してきてるし、譜読みもだいたい自分でやってるようだし、
いきなり弾かせてもきちんと弾けました。

一方、まったく練習してきてない、という子もいて

音もほぼまったく読めない状況で

教本はそこそこ進んでるけど、逆にここまでどうやって進んできたのか謎です。。

イチから教えようにも、教本の曲では難しすぎて・・・

なので、この子はほとんどホワイトボードでお勉強。

説明すればちゃんとわかるようなので、ちょっとホッとしました。

もう一人はそこそこ練習もされていて、とりあえず弾ける状態にはなっていました。

が、、、手の形とかはまったく意識の外らしく(^_^;)

いかにも弾きにくいだろうなぁ~って見えてしまうんですが、少し直すとできるので、こちらも続けて指導していきたいと思います。

ただ、お母様がおっしゃるには、弾けないと「イーッ」てなるので、細かいことはさておき、とにかく楽しくできればいいんで~、とのことでした。

今日のレッスンではそんなかんしゃくを起こすそぶりもなかったので、えっと驚きました。

これから慣れていくにつれて、様子をよく見てやっていかないとかな~って

思いました。


うちも、こどもたちに色々習い事させてますが、お金払って時間使ってやっている以上、

練習しない、上達もしない、では何の意味もないと思っているんですね。

テニスもやっていて、コーチが結構その時々で変わるんですが、時には

完全に教える気ないだろ、って思うコーチもいます。

ダッシュとか、ミニラリーとか、練習メニューを指示するだけで、プールの監視員かよっ!!!

って、うちの旦那はキレまくっていました。。

なので、タラタラした練習だと、親二人がイライラを抑えきれない形相で見学してるってわけです(笑)モンスターかなぁ(-_-;)

楽しければいいなんて


うちではありえない。金返せ、です。 

もちろんテニスの選手にしようとかじゃないし、音大行かせようとかでもないし、他の習い事もそこまで目の色変えてさせてるわけでもないんですが 

上手くならないと、ちっともおもしろくないんじゃないのかなぁ~どうなんでしょう。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
10 Apr

教本選び

明日から小学生は新年度が始まりますが、翌日新しい生徒さんの初めてのレッスンです。

新2年生で、1年生の時はうちの次男と同じクラスだったのですが、それをお互い知らずにうちに体験に来られた方です。

幼児期に1年ほど習ったけれど、ほとんど練習もせず(先生が練習しなくていいと言われていたそうで)上達が感じられないまま引っ越しでお辞めになったそうです。

体験で少しピアノに触ってもらいましたが、やっぱりほぼ初めての感じでした。

でも、変なクセもないってことなので、それはそれでいいと思っています!!

で、この生徒さんにどの教本を使おうかなと考えているわけです。

2年生ってことで、あまりにも幼稚な感じもうーん、、だし

でもたぶんイチから、ってことになるし


教本はこの2年間で色々と試させてもらったのですが、

私の今の結論としては、

①バイエルをもしやるなら下巻だけでいい(上から全部やってると超スローペースになりがち)

②バイエル上の代わりとしては、ピアノ・パレード(子どもも知ってる曲が多く、アレンジがステキ♪)

バイエルについては賛否両論ありますが、私はそのあとの古典ものをやることを考えると

下巻はやった方がいいかな、と思っています。

というか、思っていました。

でもなんか、ふと思うと

ピアノのレッスンって、、なんだろ?楽譜の読み方教えて、その通りに弾けると合格。

という繰り返し。

・・・で、いいんだろうか!?と。

そこでやっぱり出てくるのが「ロシアンメソッド」。
これこれ


私もきちんと勉強したわけでなく(したいんだけど)、聞きかじりですが

うちの生徒さんでこれを使ってる2人は、たまたまかもしれないけど音がよく出ていてキレイだと思うわけです。

もちろん楽譜が読めるようになることは絶対、なんだけど

音の出し方、っていうのをはじめに身に着けるって、結構重要なんじゃないか??

最初は指も弱いし、そのうちだんだん出来てくるから。みたいな意見も聞くんですけど

うちの子たちとか見てると違う気がするんですねぇ。

いつまでたっても指弱いし

手の形悪いし

年齢とピアノ歴を考えても、もう少し弾けてもいいはずと思うんだけど

たぶん教材の難易度の上がり方がゆるやかなので、


上達もゆるやかという(笑)


これじゃいかんかな、と、最近は手の形やら弾き方を徹底して直してるところです。


ゆくゆくは、いろんな打鍵ができていろんな音色が出せないといけないんだろうけど

最初はこのロシアンメソッドがいいんじゃないかな、やっぱ私はロシアを信じる!!

とか思ってて

今度の生徒さんにもこれを使ってみようと思います。

しかも、途中でバイエル入れずにブルグまでこれを引っ張ろうかと。

あーどっか近くでロシアンメソッド研究会みたいなの、やってないかなー。

 
にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 美化計画
  • 美化計画
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ