pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

鑑賞

4 Dec

アシュケナージ

車で音楽を聴くときに

最近これという曲もやっていないので(オイオイ

なんとなく流れてきたエチュード。

すごーくキラキラしてて、でもなんかその裏に陰りがあるような・・・?

これって誰だっけ?

って確認したら

アシュケナージでした。


前はただただキラキラ~ 一点の曇りもない。ような音だと思ってたのに

なぜか最近はその影を感じるように。

別れの曲にいたっては

かーなーりー好きです♥

これ弾きたい。こんな風に弾きたい。ってなりました。


それと、ラフマニノフの楽興の時も、今まではルガンスキーダントツ1位。

って感じでしたが

アシュケナージがもっとしっくりくるような気がしてきました。

不思議ですよねー

まったく演奏は変わってないのに

私が変わったんだろうけど

いいんだかなんだか。




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
2 Dec

お詫び&訂正

昨日のマリインスキーですが

ソプラノサックスと思った音は、

「コーンアングレ」なるものでした。

イングリッシュホルン?かな

やっぱサックスは入らないんですね

すごく似てたけど、すごくいい音でした

訂正してお詫びします!!


さて、次は幼稚園でのコンサート準備ですが

花のワルツもカットになり

というか友人とglobeやった話をしていたら

「じゃ、それやろう♪」と先生。。

そして楽譜を渡してまだ数日ですが

水曜日に合わせる予定です。(汗

しかも

あのテンポで弾くよと宣言(演奏CDもお渡ししてたので)


めちゃくちゃ速いんですけど・・・

でもあのテンポじゃないとダメくない?

そらそうだけど・・・

ごにょごにょ言う私

でもさすがに速すぎて間に合わないとこもあるので

かなり音抜きました、と

ていうか

もう譜読みしたのっ!!!!????

ってそっちがビックリじゃ

すげーな 本気出されるとすげーなおい



それと、友人との連弾は、第2弾として

「Sing,Sing,Sing」にしました。

ジャズっぽいのがやりたくて。。

あーたのしーわー



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
2 Dec

鑑賞レビュー♪マリインスキー歌劇場管弦楽団

今日は、マリインスキー行ってきました!

デニス・マツーエフ見てきました!

デカかった!

でもさすがのテクニック、そして意外に女性的な?柔らかい音

ただ弾いてるお姿は好みではなかった!

かなり激しく動かれます。時には腰からくにゃっと。

背骨ない風な

男性は特にカチッと動き少なめで弾くのが好きなので

ガンガンに動き回る弾き方に若干引き気味・・・

でも確かにすごいピアニストでした。


それより管弦が良かった!!

ロシアの風景が見えるような。草原を走ってる感。

曲のせいなのか、楽団の腕なのか

映像が浮かぶ感じ、すごく感じました。

それと ppが秀逸。

かなりの人数いるのに

どこまで音量下げられるんかい

ffもすごいけどppもすごい。

弦で首の皮1枚つながってるみたいなとこから一気にMAXまで

という流れがもう

たまらんだったです

あと、フルートも上手かった

ピッコロの音量ハンパなかった

クラも音色が素晴らしかったし

オーボエも今まで聞いた中で1、2を争うような。

そしてソロでよく出てきてたんだけど

最初はオーボエ?と思ったけどいや違うな

ホルンのあたりから聞こえるけどホルンでもないし

あー!!

これソプラノサックスじゃない?

って

最後に確認したけどおそらく当たりでした。

ふつーオケにサックスはないので

ん?と思ったけど

管弦楽団だとあったりもするのかな

とにかくサックスもほんとに音がきれいだった!

全員がすごく私の好みでした。

コンマスはくまさんみたいだったし♪

マツーエフより、、、そっちが良かったかな。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
13 Oct

大先生のコンサート

昨日は、大学の偉い教授先生と門下生のコンサートでした。

私はこの先生には室内楽を見てもらいましたが、直接の門下生ではありません。

が、私の先生が同じ流派?なもので、お手伝いに行きました。

門下生の数はハンパなく、出演される方は皆さん優秀な方ばかりで

といってもほとんどドア越しにしか聞けなかったんだけど

久々に大学関係の雰囲気も味わえました。

知ってる顔にも結構会えたし。

あ、学長先生も来られて

「どこにでもいますね」

って言われました。ハハ

平日なのに、終わったのが22時なので

それから母に預けていた子どもたちを迎えに行き

もー最後には本当にバタンキューでしたよ。


そしてさらに

今朝は普通にレッスンだったという。。

練習してる・・・わけがない。

というわけでかなり弾けない感じだったので

危機感だけを感じて帰ってきました。。

気が付くと

来週なんだよね。ひゃー

ヤバいと思って録画し始めました。

あー見たくない、こんな映像。

ウォーリーみたいな服着てるし、髪ボッサだし。

でも仕方ないので撮ってみると、やっぱり弾く姿がカッコよくないんだよな。

まるいから?姿勢わるいから?手の使い方が悪い?

そんなところをガン見して改善に取り組んでいます。

れっつ猛特訓。




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
30 Sep

ピアノの構造とミニリサイタル

今日は、ピアノ店でピアノの構造(というかヨーロッパピアノの特性)についての弾き比べと

ミニリサイタルがあって行ってきました。

ピアニストは、私の大学の講師もされているとっても優雅な雰囲気の先生で

私の友人と高校でクラスメートだったという。

でも、先生は中学生で留学されていて、1年遅れなので年はひとつ上、ということになります。

まーほんとに住む世界が違う、って高校生時点で思ってたらしい。

すんごくお嬢様なんだろうなーって感じのきれいな方です。

演奏もやっぱりとても純粋というか

まぶしい。みたいな

そんな感じでした。

この先生もあまりオーバーに動いたりされなくて、すごくきれいな弾き方だし

正統派。清純派。

明らかな路線の違いをひしひしと思い知らされる演奏でした(笑)


さて、明日は小学校が日曜参観で登校日でして

翌日振替休日で(-_-;)

先生からこの日に子連れでいいのでレッスンに来るように。

とお達しが。

子どもたちは2階でDVD鑑賞かなんかさせておいて

その間に下ではレッスン。という計画です。


そこであわてて練習。

ツェルニーからのー指練習はかなり効果が上がってると思います!

左手の感覚が、右手に近くなったというか

「あっ こうなんじゃない!?」みたいな

少しつかめたと思います!


やっぱ、打鍵の時にいろんな先生たちにも言われたけど

鍵盤を押すとピアノの内部でハンマーがぴょこんって上がって

弦をたたく。

という構造なので

決して「鍵盤を押す」ではなく

ばいーん~~って鐘を突くような?ボールを突くような?

そういう感覚を持ってろって

それが左手できてないんだ、ってことに気づく。

右手はできていて、だから力が抜けて弾けている。

左手は全体が力んでて、ばいーんって弾けないのですごく弾きにくい。

なので、右手で力んだ状態からいつもの抜けた状態の違いを確認し

それを左手に応用しようと。

うまくいっていると思います!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 苦行
  • 楽譜の大人買い!
  • 楽譜の大人買い!
  • これだ!と思う本に出会う
  • キルシュネライト氏のプライベートレッスン
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした