pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

奏法・テクニック研究

8 Nov

レッスンと今後のこと

今日は朝からレッスンへ。

スケールからアルペジオからツェルニー。

いつもの課題を進めていきますが、弾けてる弾けてないとかじゃなく

先生はどうしても私の手の形が気になるもよう。

それも右手オンリー。

特に右の2指。

ロシア式というのか、手の甲のグリグリ(指の根元で骨が出てるとこ)から指をパタパタさせて弾く。

そのグリグリもつぶれないように。

・・・ってのがどうもできないんですね。

その形を作ることはできるけど、弾いてると維持できない。

特に手を開くと(オクターブとか)グリグリがつぶれぎみになります。

それと、指を伸ばし気味のままでパタパタできない。

どうしても指が途中の関節で折れる。

鍵盤を押すのはまだ良くても、上げる時にはもっと難しい。

無意識に指が曲がる!!!

ってのは、やっぱり昔から習ってきたのがハイ・フィンガーなんだろうと

もともとの先生は、今でもうちの子たちに

「指曲げる!!」ってよく言われます。

まぁ、そういう弾き方も時にはアリなんだと思うけど

やっぱこれはハイ・フィンガーかな。って

今日、やっと自分の中で認めた(笑)

ブーニンのパタパタと違うもん!!

あーむずかし。

コルトーやってこい、と言われてます(汗


それと

先生が

「ねー、今後どうする?どっち行きたい?」

うーん、うーん、私なんもないんだよね。

教えるのが好きでも得意でもないし

なんでやってるのか自分でもわからにゃい。

クラシックでもまだまだ弾きたい曲はいっぱいあって、

それをただ弾きたい。それだけ。

でもあるし、

あとはジャズピアノやりたいかなぁ。

何調でも弾けます、みたいな人にすごく憧れる☆



さ、そんなことはさておき

ラフマニノフ継続しつつも

次はショパンのファンタジーです!!

ラフマニノフやったあとだと譜読みがしやすいしやすい♪

同時に英雄ポロも自分勝手にやってます。

弾けるようになるまでが楽しいかなぁ。

弾けてきたら、そこからが地獄の始まり(笑)

ファンタジーがんばろうっと。(長いよね)



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
10 Oct

なんだかすごい技を教えてもらった!

今日もレッスンしていただきました~

最近早朝レッスンなので、ほとんど触ってすらいない状態で見てもらうのですが

今日は行ってみると「先に練習しといて~」ってことで

先生が来る前にちょっと自主練できました。


もうラフマニノフしかやってないんだけども

左手が死んでる箇所を集中的にやって、「コラー目を覚ませ~」ってやって

いちばんキビシイところだけど、テンポ落とさず。いけるいける!!って。

ここでズッコケたらもうだめだよなぁ

冒頭は最近はかなり弾きやすくなっています。

でもちょっと指がもつれると、とたんにガタガタ。

それに1音間違ってたとこ、今気づく(-_-;)

あとは、ちょっとペダルがどうかなと思ってたところを相談してて

内声が半音ずつ降りていくんだけど、それがなんかブツブツ切れて聞こえるっていうか

なんかしっくり来なかったので、ペダル踏みかえなしはどうか検討。

でもねー、やっぱその内声の動きに合わせて踏みかえた方がよいのでは、ということになりました。

ホールで弾くならなおさら。残響とか考慮して。

でもなんかつながって聞こえない、とかなんとか あーだこーだ言ってると

「じゃ、ここ真ん中とウナコルダと両方踏む?」って


ええっっ

なにそれ!!!初耳学だし!!!

真ん中のペダルなんて、夜弾く時にご近所に申し訳ない場合にしか使い道はない。

と思ってたのに!!(うちのはアップライトだからね・・・(^_^;))

知らないでビックリしてんのはひょっとして私だけなのかもしらんが

すんごい驚きました。

で、ここダンパーも踏むので、もう3本全部踏むわけですよ。

でも足2本だから足りないよね~、そらそうだ

ま、左足で2つ踏むんだけどね。

ええっつっつっつ

で、それをやってみると、ベース音が切れないわけ!!!

ああ~これだよこれー これだとちゃんとつながって聞こえる~ ダンパー踏みかえてもさー


てことで

これやると超いいね、って先生も言ってくれたので

私としてはものすごい新技なわけですが、採用。

これって、だけどグランドしかできんみたい。ペダルが違いますよね。

家のアップライトでやってみたらなんか違ってた(^_^;)


真ん中のペダル、いわゆるソステヌートペダルってヤツですね

これが特定の音を伸ばせるスグレモノらしいですね。


これにこんな効能?があったなんて

大興奮♪



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ






2 Oct

進化する

今日は子連れでレッスンへ。

子どもたちは2階で遊ばせてもらい、レッスン室でゆっくりレッスンできました。

スケール、アルペジオのあと、ラフマニノフ。

中間部分は、前回やったように音を作って出すこと(指ばっかりに気を取られずに)

これはだいぶできてきたように思いますが、まだ通すと雑になったりします。

ていうか、雑になってることにやっと気づいてきたというか。

1指がガツンと入ったりするので、親指注意報もチラホラ出ます。

でも、もうこれ以上どうにもできない、というような感覚だったものが

まだまだ進化できている!という感覚に変わりつつあり

かつてここまで変化してきた曲は思い当たりません。

1年くらい弾いてたブラームスのラプソディも、逆に迷走しまくってドツボにはまってったし。

頑張りがいがあって楽しいです♪

あとは、どうしてもまだ理想に程遠い真ん中の盛り上がりのところを

さすがにもう少しクオリティ上げないと(-_-;)

本選までは、今度は逃げずに「録画」。

これで絶対に悔いのないように準備します!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
29 Sep

まだやってますツェルニー♪

最近、ついに部屋の片づけに目覚め、毎日片付けまくってます。
(それでもほんの一部しか終わってないという・・・)

これはもう、先延ばしにずーっとしてたけど、精神衛生上よろしくない!!

と思って

優先的に、集中してやっているところです。

・・・というわけでほとんどピアノに触ってなかったりして(-_-;)

今日は少しやったんですが、

スケールとツェルニー中心に。

まだ30番やってます。

もう楽譜はぐちゃぐちゃになってます(汗

レッスンでも、その日の日付の番号の曲を弾かされるので

ちょこちょこやった曲が増えてきたんだけど

小学生とおんなじ完成度でやっててもしょうがないので
(いや、小学生でも上手い子いるけどね)

指定の速度は死守。

これがかなり速い!

でもこのテンポで弾けるようにまで持ってかないと

ということで

1番から頑張ってます。

特に4,5指とか左手遅れがちとか

徹底してやるにはなかなかいいな、ツェルニー。

と思っています。



速いパッセージを弾く時に、ひとつは鍵盤からなるべく指を離さない。

ってのをやったんですけど

これだとかなり難易度上がる感じで(-_-;)

次になんというんでしょうか、つまむ感じ?

飛びます飛びます、みたいな感じで?(笑) 注:坂上次郎さんです(古っ

これだと指は上がっちゃいますが、断然弾きやすいですな。

私としてはいちばん弾きやすい。


ということに気づいたので、良しとする!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
22 Sep

レッスンでした・・・てことは1週間経ったってことかぁ

今日は朝からレッスンでした。

あんまり練習できてるとは言えないんだけど・・・

でも行くとやっぱり発見が色々とあるので、行かないとソン。

今日は徹底してラフマニノフでした。

まずはやっぱり中間部。先週の課題、1指についてはかなり意識できるようになって、改善されたんじゃないかと思います。

先生もそこはなんも言わなかったし。

あとは、左手の4分音符4つの音の作り方、と右手とのバランスかなぁ。

4つ目の音は絶対に飛び出さない!!

でも3つ目までは盛り上がってくんだな。

しかも4拍目は、左手は引っ込めるものの、右手はそれまでの左手の盛り上がりを引き継ぐかのように

ちょっとクリアな音で。

右手が忙しいのもあって、これが結構難しかったです。

まぁ、即対応できないのが40オーバーの悲しい性でしょうか。

3拍目は左手と右手の和声をよくよく聞いて

大事に弾く。ずれたりするのはもってのほか。

その後盛り上がっていくところは、私が理想と描いているものには程遠いのですが

ペダルやらも駆使して

なんとか形になりつつ・・・かなぁ。

でもほんとはこう弾きたい、に近づきたいですね。

ちゃんと練習してるね!!すごく良くなってきてるよ♪

って言ってもらえたけど

実際はこの曲ばっかやってるわけじゃなくて

というかむしろこの曲の割合は少ないかも

だけど

頭の中ではいつも考えています。


さて、子どもたちが小学校での音楽会で

合奏のピアニストに選ばれまして(学年ごとのオーディションあり)

そっちもかなり大変。。

でもチャレンジして本当にゲットしてくるのは

母、見習わなければ。。

特に娘の方は私に似たのか緊張しぃで

「すっごく緊張した!!」

「もう、逃げ出したかった」

・・・わかるなぁ。ほんと辞退して帰りたいこといっぱいあるわ。

「でも、このために練習したんだからって思って、頑張ったらできた♪」

って。。


あんた、エライね(涙

逆に息子の方は完全に天狗になってました(-_-;)




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした
  • ペダルが命
  • 美化計画
  • 美化計画
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ