pianodays

日々音楽探求

40代からの落ちこぼれ音大生生活を経て、より深ーくピアノを研究すべし。

奏法・テクニック研究

3 Sep

イチから組み立てなおす

先日の、智内威雄さんの本を読んで

「根本からダメかも」

と思った私ですが

今やっているラフマニノフから

もう一度組み立てなおすことをやろうとしています。

課題は

①姿勢
②演奏時の手・指・腕・・・体全体の動かし方
③音色とタッチの研究
④テクニック

テクニックの欠如にばかり目が行きがちでしたが

まず考えたいのは①姿勢。

やたらと動くのがいいとは思いませんが、

やっぱりあまりにも姿勢が悪すぎなので。

それと関係してるのが②体の使い方。

どこかに力が入ってないか、どこを使ってるのか

みたいなことと、

手首とか指の動かし方。

鍵盤をなでるように弾くとか、猫が歩くみたいにとか。

さらにそれと関係が深いのが③音色とタッチ。

どんなタッチだとどんな音、ってのをもう少し研究して

もう少し幅を広げたい。

特に気になるのはフォルテです。

乱暴にならない、深い、豊かなフォルテをなんとなくいつもイメージしてますが

聴いてみると

フォルテが足りない気がします。

遠くまで届く、そんなところがイマイチなんじゃないかな。

④のテクニックは永遠のお題です。

智内さんがされてたように、ひとつひとつ音をチェックして

速いパッセージもクリアできるテクニックがほしい~

メトロノーム練習もいいらしいです。



先日久々に先生のレッスンに行って、そんなことを色々と相談してきたんですが

ひとつ刺さったのが(笑)

「もっと自分を好きになって!!」

という一言。

そうだよね~、人前に出たくないわーとか、自信ないなーとか


そんな感じで弾いたってしょうもない演奏しかできんわさ。

でも確かに今の自分があんまり好きではない・・・若いころは結構好きな方だったと思うんだけど。


どうしたらもっと自分が好きになるかなー

やっぱ、そらまず痩せるだわ。

結局ここに来る(笑)何回目かね

こないだのダイエットでは、結局2キロ減、という結果だったのですが

そんなの焼け石に水(恥

ヨガでもすっかなー




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
26 Aug

弾けないなりの弾き方

明後日が発表会で、

今日は生徒たちが次から次へとやってくるという

合間に連弾の合わせもするという

超ハードスケジュールの日でした。

生徒たちも、中には結構心配な子もいます。

始めてどれくらい、とかあんま関係ないですね

やっぱり練習するかどうかで全然違ってきてます。

4人で弾くのもあるんですけど

これもかなりの危機的状況ですけど

これは本人たちにとっては良かったと思います。

練習してなくて弾けないと、やっぱり「ヤバい」って感じるでしょうし

いちいち口応えする子も、真面目な子を見てなんとなく合わせたり

ひとり、とてもよく弾けてる子がいて、この子がいい刺激を与えたと思います。

普段はおっとりしていて、反抗もせず、やる気のない態度も見せず

真面目~に取り組む子です。



そんなこんなで

私も連弾と、ソロをすることになってしまいましたが

ソロはもちろん ラフマニノフ 楽興の時1番です。

今、これしか弾けない(-_-;)

中間部分の16分音符の連続のところは、だいぶ弾けるようになったんですが

そのあと一番盛り上がっていくところ

ここが最大の難所で

あーむずかしい。

今日は、子どもたちの先生に見せたんですけど

何か所か、強弱の面で指摘を受けました。

その中にこのムズいところもあって

でもここって、まだまだ余裕がなくて

普通に弾くだけで大変なので(-_-;)

・・・って思ってた(というか甘えてた)んですが

弾けないといっても

やっぱりそれなりに「こう弾きたい」に近づけなきゃいけないわけで

ここ弾けんからねー、しょうがないもん。

みたいな気のゆるみ?があったかな。

もっと誠実に、そして努力する。

これはどこまで求めても終わりがないくらい

と思っとかないとな。

と思いました。




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
18 Aug

クラコン予選でした

今日は、クラコン(日本クラシック音楽コンクール)の予選でした。

クラコンで検索して?来られる方が多いみたいなので、なるべく詳しく書いておこうと思います。

田舎の地区予選なので、そんなに参考にはならないと思うけど(-_-;)

私は2014年にも受けたことがあるのですが、今年は同じ会場の小さい方のホールでした。

受ける人が少なくなってきてるんでしょうね。

集合は14時。受付に行くと、簡単なプログラムをくれました。(確か前回はそれすらなくて、1枚だけ置いてあったのを撮影したっけ)


クラコン予選2017

こんな感じ。

行った時はちょうどSaxの方が演奏されていて、演奏を聴くこともできます。

私は扉の外から聞いて、その後は舞台裏に移動。

ピアノ部門が始まって、高校生からだったけど

みんな上手いなー。

待ってる間、緊張がこみあげてくるのを阻止するために

ぴょんぴょんジャンプしたりしてました(笑)

あと、息をすべて吐き切る!そして大きく吸う。

・・・ってのが結構落ち着く効果あったかも。


今日は、審査員3人で、お一人は大学でも教えておられる結構有名なN先生。

私は在学中まったく接点がなかったので、お話したこともないんですけど、大学の試験ではいつも試験官されてました。

ま、向こうは私のこと覚えてないと思いますけどね

それから大学の卒業生(だから先輩)の方K先生と、もう一人男性ピアニスト、Y先生でした。

弾く時は、小さいホールで高い舞台ではなく、目線に何も入らないし、没頭して弾ける環境ではあります。

ピアノは木目のヤマハ。これ、いつも発表会でここで弾いてるんだけど、そんなに悪くはないと思います。スタインウェイとはやっぱり違うけど。

弾き始めたところで、「今日これ結構いいんじゃ?」って思いました。

危なっかしいところもちょいちょいありましたけど、止まったりとかの大事故はなかったです。

いちばんの難関だった、中間の16分音符の速いパッセージ、ここもノーミスではなかなか行けなかったんですけど、本番では奇跡のノーミスでした。

なのに、今までしたことのない、変なとこでミスったりして。


終わったら、結果発表まで待ち時間。


私は続くバイオリンと声楽をずっと客席で聞きました。


予選は70点で合格。点数は上下カット(3人しかいないから、真ん中の点数だけが生き残る)です。

とりあえず私も通過です。

予選はほぼ全員受かります。なのに緊張した~

やっぱ止まって、復活できない悪夢のパターンが頭から離れなくてね。

それもなかったので良かったです。


ミスる、ミスらない、は、本人には一大事だけど、たぶん点数にはあんま関係ないな。と思いました。

といっても、私が審査側になれば、やはりミスが多いなとなると高得点はつけにくいです。よね。

まあ妥当な点数かな。

でも、意外にもあのN先生が一番の高得点を付けてくれていたので(ま、カットだけど(-_-;))

それは嬉しかったです。

私の先生にもラインで報告すると、

「N先生のこの点数、超嬉しい~♥」とはしゃいで

「K先生とY先生のコメントは、参考にしてやってもいいかな

・・・。

いやいや参考にさせてもらいますが、それくらいN先生の評価が重いってことみたいです。

だからあんまり点数伸びなくてちょっとブータレぎみだったけど、

「へー。じゃ、意外に悪くはなかったんかな」

ポジティブに行こう♪



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ




18 Aug

実は明日コンクールだったりする

実はね

明日とあるコンクールの予選なんですね

今日、子どもたちのレッスンの時に

先生に弾いてみーと言われてたので弾いてみたんですけど

やっぱ緊張するわー

で、この先生んちのピアノ、たぶん私が子供の時から変わってないと思うんだが

鳴らないのよもー

年々ならないエリアが拡大してる気がする

うちの子たち、これ弾いててよー鳴るねあんたら。って思う

でも

先生にはめずらしく

「これいいじゃない?」って

来週の発表会でも弾け弾けってなって

結局ソロも弾くことになっちゃって

いやその前に明日のコンクールだよ(-_-;)

暗譜けっこう入ったけど、やっぱり緊張からくる不測の事態、ってのがこわい。

なんかね

人生すべてが
「考え方次第」

なんじゃ

ってすごく思った。

ピアノ以外にもいろいろと悩みがつきないんだけど

あれもこれも

もう「考え方」次第。気持ちひとつ。

ピアノも

うまくいったと思っても失敗こいたと思っても

たぶん点数変わらんし(-_-;)

思い切っていった方がいい。


止まったり、弾きなおしたり、過去に色々やらかし済なんで

もういいじゃんか。と

なんと明日は、来週の発表会と同じ会場で

どうせなら順番逆が良かったけど(笑)

いつものところだからよく知ってるし

講評もらえるし

楽しんでくるぞ!!



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
12 Aug

暗譜の最終手段(?)

先日から暗譜に苦労しております。

分析やるといい、とかって聞きますけど、どうやってやるのかわからないので

とりあえず初歩的な本を買ってみました。まだ届いてませんけど(-_-;)

先生がやってるのを横で見てても、ついていけてないとこも多くて

まずはバイエルとかソナチネを使って解説してあるやつを

注文しています。


それとは別に

ずっと前にも同じくラフマニノフで苦労している時に、

先生に言われたのが


「こうなったらもう楽譜手書きで写してみ」


・・・。

これを思い出して

昨日からやり始めました。

効果のほどはハッキリ言ってまったくわかりませんが

ここまでやると、やらないのとでは

ちがう。。。んかなぁ~?

でも音が多すぎて、写すだけでも大変よ。

ちっちゃく書いても小節に入らん。

これを白紙から作った人って・・・もう神ですね。





にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • ザ・ラフマニノフ!
  • 左手のピアニスト
  • 弾く姿
  • クラコン予選でした
  • ペダルが命
  • 美化計画
  • 美化計画
  • 奏法:自分なりの答えに近づいてる感
  • ライブドアブログ