さて、最初に宣言した通り、1音からこだわってみよう~ということで、

またしてもその手の本を読み漁るところからスタート(このパターン多いな~(^_^;))

どうしても頭デッカチなのか、頭で理解しないと進めないっつーか

感覚的に会得できる若さに欠けるっつーか(-_-;)

それ系の本って、最近買ったのも含めて集めてみたら4冊ありました♪

で、最初に読んだのがこれ

「タッチ、このすばらしい手」 市田儀一郎 著 

タッチこのすばらしい手


体や手の構造から奏法、指の練習までとても大事なことばかり書かれていると思います。

最近まで「たぶんこういうことじゃないかなー」

って思ってたことが、これを読んで

「やっぱりそうだ!!」と、確信を持てるようになりました。

子どもに教えるうえでも重要なので、大いに役立てられると思います。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ

ブログランキング・にほんブログ村へ